もうすぐ還暦! ひとりサロンを銀座で営むスゴ腕美容師の軌跡【前編】

特集・インタビュー
もうすぐ還暦! ひとりサロンを銀座で営むスゴ腕美容師の軌跡【前編】

50歳代後半で銀座に“ひとりサロン”を開いた笠本善之さん

50歳、60歳になっても、毎日お客さまに向き合っていたい。還暦すぎても、おしゃれでかっこいい美容師でありたい、と考える人は多いだろう。ではそのためにどうしたらいい?

50代後半で銀座の一等地にひとりサロンを開き、客単価は平均3万5000円。今も毎日お客さまにじっくり向き合っている笠本善之(かさもと・よしゆき)さんの道のりに、そのヒントが詰まっている。

理系からの転身、地元で店をオープン

笠本さんが自分の店をオープンしたのは若干25歳の時。高専を中退してどんな経緯で店を持つことになったのか。理系から転身し、地元で店を開くまでの道のりを話していただいた。

銀座で一人サロンを経営する還暦まぢかの美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
美容師として自分自身のファッションにもこだわる

1965年に山口県宇部市で生まれ、普通のサラリーマン家庭で家族に愛されて育った。

子どもの頃、勉強はできる方だった。努力しなくても成績はよかった。しかし勉強は好きではなく、図工や美術など描いたり作ったりする授業の方が好きだった。

中学卒業後、宇部工業高等専門学校(宇部高専)に入学。山口県内でもトップクラスの進学先だ。

しかし次第に「僕は何のためにこんなことやっているんだ……」と思い始めた。笠本さんは趣味のバンド活動やファッション、ヘアメイクにのめり込み、学校から足が遠のいていった。

美容に関わったきっかけは、高校2年の夏休み、バンドの活動資金のために始めた美容室のアルバイトだった。

銀座で一人サロンを経営する還暦まぢかの美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
当時、地元で「おしゃれな職業」といえば美容師だった

当時僕は「音楽、ファッション、ヘアメイクの三本柱で俺は飯を食うんだ」って粋がっていて。その三つの中で、インターネットもない時代、田舎の高校生が、具体的にイメージできる仕事は美容しかなかった。

近所に大きめなサロンがあったので、そこにいきなり入っていって「ごめんください、アルバイトを募集してませんか?」ってお願いしました。

高専にそのままいれば、将来は、誰もが知る一流企業という安定したエリートコースが開けていた。しかし、年が明けて高校2年が終わろうとする2月、笠本さんは名門宇部高専を退学し、以前からアルバイトをしていた店で、美容の道に入ることにした。

銀座で一人サロンを経営する還暦まぢかの美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
現在のひとりサロンは住所非公開の隠れ家。最高級のバカラのグラスで、お客さまにお好みのドリンクをサーブする

超・実践的な見習い生活

銀座で一人サロンを経営する還暦まぢかの美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
見習いから、いつの間にか美容師デビューしていた

1982年、17歳の笠本さんは美容学校の通信教育部に入学する。同時進行で、美容室で見習いとして働いた。

「デビューまで何年かかりましたか?」って聞かれるんですけど、「いや、デビューまで半年もかかってないね」というのが正直なところ。

デビューという区切りもなかった。店長が「今日、どうする? あ、こんな感じ? OK、笠本行ける? いやお前できるじゃん、こないだ教えたじゃん、あの切り方でさ、下3センチ切って。駄目だったら俺が最後見るから」って……めちゃめちゃ実戦形式でしたね。

免許を取ったあと、その店で「お礼奉公」として5年ほど働いた。辞める時には、系列店の副店長にまでなっていた。

低価格サロンを経て25歳で独立

次に入った店は、カット1200円、いわゆる低価格サロンだった。

採用と同時に副店長になりました。すごく繁盛していて、2時間待ちもしょっちゅう。切っても切ってもお客さまが減らないんですよ。

そこは歩合があり、いかに数をこなすかで給料が変わるから、スピードはつきました。

低価格サロンで2年ほど経った頃、最初の店で仲良くしてくれた先輩が独立し、笠本さんを誘ってくれた。

先輩の店で2年ほど働きました。3店目ともなると、お客さまもそれなりについてくださって「そろそろ自分でやらないとな」という気持になった。美容師を始めて8年、25歳の時に地元で独立しました。

やりたいことは公言する

独立にあたり、事業計画書を書いて銀行から借り入れをした。

やりたいこととか、実現したいこととかは、口に出して言うべきなんですよ。僕は「店を出したいんですよ、でもお金がなくて」とずっと言っていた。

それで、銀行とつないでくださった方がいたんです。その銀行は、たまたま、父がずっと細々と給与振り込みで利用していたので「父親が保証人だったら」と、ポンと貸してくださった。

今だったら、今だからこそ、やりたいことがあるなら、SNSで発信するべきだという笠本さん。

そうしたら、いろんな応援もしてくれるし、人とつなげてくれたりする。目標達成、タスクをクリアするには、絶対公言するべきなんですよね。

少し高くても、あなたに切ってほしい

銀座で一人サロンを経営する還暦まぢかの美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
「どこで切るか」ではなく「誰が切るか」がお客さまは気になる

開店の告知のため、人口16万人の市で500通のDMを打った。ほとんどのお客さまが2カ月以内には来店してくれた。

「すいませんね、狭い店で」「それは別にどうでもいいの。だって切ってくれる人は変わらないわけだから」。そんな会話をしたという。

少し時を戻す。

切っても切ってもお客さまが途切れなかった低価格店には「特急カード」といわれるものがあった。

そのカードを持っていれば、何人待っていても優先でカットしてもらえるというシステムで、価格はカット代金と同じくらい。

1年間有効で待たずにすむのは魅力だが、それほど人気はなかった。低価格サロンの客層は「少し待っても安いほうがいい」という人だからだ。

ただ、僕を指名してくださる方は、全員が持っていましたね。「あ、これ買ったら待たなくていいの、じゃあ買うわ」って。

指名料が500円、カット料金の半分ぐらい。プラス特急カードで、2000円ちょっとかかっちゃう。カット料金と合算すると、低価格ではなく、その当時の他のサロンと同じくらいの価格になります。

でも、そうやって「課金してでも笠本さんに切って欲しい」という方が来てくださっていた。

独立しても同じだった。

その当時は、カット&ブローでいくら、シャンプーとカット&ブローでいくら、という料金体系が主流だった。

当時、先輩が立ち上げた店は、カット&ブローで3000円、シャンプーとカット&ブローで3500円。笠本さんはそれより高い3200円と3900円に設定した。

かなり強気の価格設定だ。それでもお客さまは減らなかった。

単価を上げてもお客さまは減らない

銀座で一人サロンを経営する還暦まぢかの美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
確かな技術は大前提。そのうえに信頼を積み重ねていく

なぜ、お客さまはついてきてくれたのか? 笠本さんは「ちょっとずつ、ちょっとずつ、貯金していった感じです」という。

それまでに経験した3店舗、全部を積み重ねたお客さまが来てくださいました。

最初の「ちょっとお前切ってみろよ」って言われたレベルの頃からのお客さまが、低料金のお店にもいらして。

先輩のところにいた2年、そこでも同じお客さまと新しいお客さま。全部が積み重なった。

価格が上がれば、値段だけで来ている方は来なくなりますが、値段じゃない方は「安い方がいいよね。でも別に高いから行かないわけじゃないんだ」みたいなことはあるんじゃないかな。

提供する側は、値上げに対する不安ってありますよね。だけど「値段だけじゃないんだな」ってその頃から思っていた。

当時の妻と2人で切り盛りする笠本さんの店は繁盛した。

しかし、数年後、笠本さんはその店を手放すことになる……(つづく)

銀座で一人サロンを経営する美容師、笠本善之さんインタビュー。美容室経営、美容師のキャリア、価格設定などについて語っていただいた
大繁盛だった店を、笠本さんは手放した。その理由は……

還暦ちかい美容師、笠本善之さんインタビューのプロフィール写真。銀座で隠れ家的一人サロンを経営。

笠本 善之

private. 代表

かさもと・よしゆき/1965年生まれ、山口県出身。17歳で美容業界に入り、数店舗を経て25歳で独立。5年後に閉店し福岡に活躍拠点を移した後、TAYAグループに入社。39歳で上京して「GRAND TAYA」の店長に就任。2022年9月、銀座に住所非公開のアトリエサロン「private.」をオープンする。
インスタグラム:@kasamotoyoshiyuki

■ あわせて読みたい

>> もうすぐ還暦! ひとりサロンを銀座で営むスゴ腕美容師の軌跡【中編】

>> もうすぐ還暦! ひとりサロンを銀座で営むスゴ腕美容師の軌跡【後編】

取材・文/大徳明子 文/曽田照子 撮影/上米良未来

サンコール・ミントベルキャンペーンバナー
AD(サンコール)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top