「ダイエット&ビューティーフェア2020」 コロナ禍で出展社100社減、来場者1万人減も充実の内容


「ダイエット&ビューティーフェア2020」 コロナ禍で出展社100社減、来場者1万人減も充実の内容

コロナ禍の影響大きく

2020年9月15~17日の3日間、東京ビッグサイト青海展示棟で「ダイエット&ビューティーフェア2020」(主催:インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社)が開催された。

「ダイエット&ビューティーフェア2020」 ローランドのPOPが目を引くブース

ローランドのPOPが目を引くエストラボのブース。今年も各社が多数の美容機器を展示した

例年は東京ビッグサイト西1・2ホールとアトリウム(計19,760㎡)で華やかにもよおしているが、今年は隣駅に五輪対応で仮設された青海展示棟A・B(23,200㎡)での実施となった。

展示面積は広くなったもののコロナ禍の影響は大きく、出展社数は例年より100社ほど少ない252社・453小間で、来場者数は例年より1万人少ない12,805人だった。※併設展との合算値

健康産業展を新設

「ダイエット&ビューティーフェア2020」

ストレッチやマッサージなど、体験型のブースが人気を集めた

展示会は「ダイエット&ビューティーフェア2020(第19回)」を中心に「アンチエイジング ジャパン2020(第6回)」「スパ&ウエルネス ジャパン2020(第11回)」「健康産業展(第1回)」を同時開催。後援は、環境省、観光庁、スポーツ庁、中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)。

新設の「健康産業展」には、製薬会社や原料メーカーなどが出展し、養毛剤や高機能な乳酸菌サプリメント、気化熱を利用した冷感マスクなどを出品。また、未病産業研究会(神奈川県政策局)もブースを構え、取り組みを紹介していた。

==健康・筋肉のおすすめ記事==

働く女性のビューティ&ウエルネスライフ

各展示会を共通するテーマとしては、「働く女性のビューティ&ウエルネスライフを応援する」を継続。

「コスメ・美容機器(プロユース/ホームユース)」「美・ボディメイキング」「ダイエット」「インナービューティ」「ビューティテック・ヘルステック」などの各ゾーンでは、最新技術を搭載した美容機器、トレンドの原材料をキー成分とした化粧品や美容飲料など、忙しい毎日を送る女性に役立つ美と健康商材が紹介された

「ダイエット&ビューティーフェア2020」のOEMメーカーの出展ブース

アリスの衣装でサンプリングを行うOEMメーカーのブース

また、「原料・OEM」「消耗品・販促(プロユース)」「販促・ビジネスサポート」などのゾーンでは、来場した業界関係者の間で活発に商談が交わされていた。

ステージ・セミナーイベントも充実

展示会の今年のフォーカステーマは「ダイエット」「睡眠」「グッドスイーツ&グッドカーボ(からだによいおやつと糖質)」。

サロンで人気のファスティング商材や美容飲料をそろえた「Esthe Pro Labo(エステプロ・ラボ)GRAN PRO.」などの出展はもちろんのこと、恒例のステージ・セミナーイベントでも、テーマにちなんだ講演などが行われた。

Esthe Pro Labo(エステプロ・ラボ)GRAN PRO.

ひときわ目を引くEsthe Pro Labo(エステプロ・ラボ)GRAN PRO.のブース。ハーブザイムの試飲が人気を集めていた

また開催初日の15日には、地域資源を活用した地域発の美容アイテムを表彰する「ジャパンメイド・ビューティ アワード」(第6回)の受賞アイテムが発表され、最優秀賞には、宮城県発の「発酵のちから 糀入りもちもち玄米」が輝いた。

また、アワード記念プログラムでは、「ニューノーマル時代のビューティ プロダクト・ブランド戦略」と題したトークショーを開催。口コミサイト@cosmeで知られる株式会社アイスタイルの山田メユミ取締役がコーディネーターを務め、日本各地の素材を活用したOEMを手がける株式会社サティス製薬の山崎智士社長をゲストに、熱論を交わした。

時間帯によっては閑散とした印象がいなめなかったものの、出展社のブースやセミナー、イベントは充実の内容で、商談も進んでいたようだ。

なお、例年主催していたUBMジャパン株式会社は、イギリス本社のUBM 社がインフォーマ社と2018年6月に経営統合していたことを受けて、2020年4月に社名を変更。新社名のインフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社としては初の「ダイエット&ビューティーフェア」開催となった。

次回開催は、2021年秋を予定。東京五輪の延期に伴い、東京ビッグサイトの利用に調整が必要なため、10月中旬をめどに発表する予定。

ダイエット&ビューティーフェア開催実績推移

ダイエット&ビューティーフェアの開催実績は、次の通り。

なお、2019年の初日は台風15号と重なり、交通機関の乱れから開場時間を遅らせての開催だった。

2020年
9月15日(火)曇り4,276人
9月16日(水)曇り4,292人
9月17日(木)曇り4,237人
3日間合計 12,805人

 

2019年
9月9日(月)台風4,632人
9月10日(火)晴れ8,788人
9月11日(水)曇りのち雨8,790人
3日間合計 22,210人

 

2020年
開催期間: 9月15日 (火)~ 17日(木)

来場者数 : 12,805人
出展社数 :  252社・453小間

2019年
開催期間: 9月9日 (月)~ 11日(水)
来場者数 : 22,210人
出展社数 :  365社・688小間

2018年
開催期間: 9月10日 (月)~ 12日(水)
来場者数 :  26,966人
出展社数 :  374社・687小間

2017年
開催期間: 9月11日 (月)~ 13日(水)
来場者数 :  26,953人
出展社数 :  383社・677小間

 


この記事のタグ

関連記事

新着記事

PickUP

soeasy SAN&MONI(サンモニ)
soeasy SAN&MONI(サンモニ)