店頭を1本100円のフラワーショップに! 「花つみ」が美容サロン募集


店頭を1本100円のフラワーショップに! 「花つみ」が美容サロン募集

廃棄を減らし、生活に彩り

「大きさや長さがふぞろいの野菜は、たとえ味が良くても市場に出せない」という話を聞くが、これは花にも同じことが言える。

自宅で楽しむには十分きれいな花でも、茎が少し短かったり曲がっていたりするだけで市場に出荷できなくなる。

チャンスフラワー

通常は廃棄される花も、実際に手に取ってみると個性的で美しい

株式会社hanane(本社:東京都港区/代表取締役:石動力)は、これまで規格外として廃棄されていた花を「チャンスフラワー」と呼び、1本100円という手ごろな価格で販売する「花つみ」事業を行っている。

循環型社会の実現に寄与する取り組みとして、すでにリユース業のブックオフや一部の飲食店で導入されており、今回ビューティガレージを介して美容サロンの協力店を初めて募集するという。

仕入も資材もサロン負担0円

チャンスフラワーを販売する「花つみ」の店頭

色とりどりの花々が人目をひくため集客効果・イメージアップも期待できる

花の仕入れ費、什器などの機材レンタル費、資材費などはすべてhananeが持つため、サロンの負担は0円

花つみのスタッフが設置から回収まで行うため、作業負担もない。ラッピングについても、什器に包装紙や輪ゴムが用意されているセルフ方式なので手間いらずだ。

チャンスフラワーを販売する「花つみ」の店頭

導入スペースは店舗によってさまざま。花をきっかけに初めて利用した人が常連客になったというケースも

サロンにとっては場所を貸すだけで『売上の20%がサロンの収入』となる。1本100円という分かりやすく手ごろな価格設定ということもあり、これまでの導入店舗では一人で数本買う人が多いという。

さらに、店頭に花を設置することで、道行く人がサロンを認識するという集客効果・イメージアップも期待できる

※花を入れる水のみ、サロンの水道などを利用

「花つみ」の対象サロン

今回、美容サロンの協力店を初めて募集するにあたり、対象エリアは「東京23区・大阪市内・京都市内」、条件は「路面店舗」としている。

申し込み・問い合わせは、「花つみ特設サイト」へ。

「もったいない精神」の根づく国と言われながらも廃棄量が多い日本。個性ある美しさを大切にしながら循環型社会の実現につなげる「花つみ」は、ぜひ美容サロンから盛り上げていきたい取り組みだ。

「花つみ」の申し込み・問い合わせはこちら➡

 


この記事のタグ

関連記事

新着記事

PickUP

soeasy SAN&MONI(サンモニ)
soeasy SAN&MONI(サンモニ)