「美容×WEB×英語」で美容師の可能性を広げる! 倉崎淳平代表に聞くstorageの戦略

特集・インタビュー
PR

2025年をめどに現在の2倍にあたる52店舗を目指すというstorage。大手業務委託サロンで共同代表を務めていた倉崎淳平さんが、2017年に当時の店舗の約半数を引き継ぐかたちで立ち上げたサロンです。

美容室の経営を主軸にECサイトの運営や海外への進出を通じて、美容師の可能性を広げたいという倉崎さんの思いを聞きました。

「美容×WEB×英語」で美容師の可能性を広げる! 倉崎淳平代表に聞くstorageの戦略

英語×美容で活躍の場を広げる

── 早速ですが、大手の業務委託サロンを離れてstorageを立ち上げた理由を教えてください。

美容の可能性を広げられる事業を、積極的に取り入れていきたかったからです。storageでは「美容×WEB×英語」を掲げています。

── なぜ英語なのでしょう。

これからグローバリゼーションが加速する中で、日本の美容と世界は相性が良いので、海外で活躍できる機会は増えていくと思っています。

僕自身、フィリピンに語学留学をしたことがあるのですが、英語が話せるようになると世界が広がります。世界と美容をリンクさせて、美容師の可能性を広げたいんです。

storage倉崎淳平代表インタビュー
「世界と美容をリンクさせて、美容師の可能性を広げたい」

── なるほど。それでフィリピンのセブ島で語学学校を運営しながら、美容室についてもセブ島、香港、ロサンゼルスに店舗を構えているというわけですね。

storageのスタイリストは、ロサンゼルスやセブ島へ海外研修に行ったり、割引価格で語学留学したりできます。さらに、オンライン英会話を無料で受講できるので、国内で働きながら英語を話せるようになって海外の店舗に移る道もあります。

今はコロナで推し進めるのが難しい状況ですが、落ち着いたらまたアクセルを踏んでいきたいです。

WEB×美容で顧客と美容師をつなげる

── もう一つのキーワードであるWEBについては、どんな試みをしていますか。

WEBについては、まだまだテスト中の取り組みも多いのですが、サロン専売品をstorageのお客さまに販売したり、ビューティシャンの魅力や活動を動画で表現したり、必要な人材をマーケティングで獲得したり。ここ数年、会社として力を入れています。

ビューティシャンやお客さまにとってもっともっと便利なモノをつくりたい。ビューティシャンとお客さまでもっと情報を共有してビジネスチャンスを生み出すチャンネルやインフラをつくりたいと思っています。

storage倉崎淳平代表インタビュー
「雇用形態に関係なく、やりたいと考えている人がチャレンジできる環境を大切にしています」

── storageのオリジナル商品も販売する予定だとか。

ビューティシャンの誰もが、オリジナル商品のプロデュースや商品を作れる形を目指してテストを開始しています。オリジナル商品をつくっているサロンは多くありますが、storageではブランディングや販売まで含めてプロジェクトを進めています。

storageは正社員と業務委託のスタッフが一緒に働いているサロンですが、雇用形態に関係なく、やりたいと考えている人がチャレンジできる環境を大切にしています。

大事なのは「稼ぎたい」「休みたい」のその先

── 業務委託を選ぶ人は、サロンの集客力を重視しますよね。社内にマーケティングチームがあるそうですが、どんなことをしているのですか。

ホットペッパービューティーにどういう作品を載せてどう特徴を打ち出していくかを考えています。storageは「集客が強い」と言われますが、特別なことはしていません。正社員も業務委託スタッフもいるチームでコツコツ取り組んだ結果です。

マーケティングチームでは、採用についても同様に当たり前のことをしっかりやっています。これから店舗を増やしていくので、今は「美容師100人募集」を打ち出しているところです。

Storageのパンフレット
自分の望むライフスタイルや目指す生き方に応じて、正社員、業務委託を選ぶことができる

── 業務委託スタッフにもわけへだてなくという体制なんですね。教育についてはどうですか。

技術セミナーはもちろん、SNS集客、撮影、文章を学ぶライティングについてのセミナー、経営セミナーなどを開いています。正社員も業務委託スタッフも無料で受けられるので積極的に利用するよう促しています。

── 経営者を目指す人も多く、経営セミナーが人気だそうですね。

storageはいま国内に22店舗ありますが、2025年には52店舗まで増やしたいと考えているので、店長になったり、フランチャイズで独立したり、経営する立場になるチャンスが多いんです。

毎月、全責任者で行う報告会議やエリア会議、定期的に行われる独立希望者への勉強会など、経営に関係する会議が社内にたくさんあります。

── 海外だったり地方だったり、経営者への道あるいは材料開発やマーケティングに携わることだったり、実に多様な働き方ができるんですね。

入社の動機は「もっと稼ぎたい」とか「もっとお休みがほしい」という人が多いです。storageではそれがちゃんと叶うんですけど、自分の望む仕事のスタイルが叶った上で何をするべきかが大事だと思っていて。

storageなら技術や材料開発をつきつめて美容師のスペシャリストになれるし、海外でも働けるし、さらに美容室オーナーも目指せる。この選択肢の多さが魅力じゃないですかね。

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top