東京都・理美容室は休業要請されず 入場整理の協力依頼

経営・業界動向

3回目の緊急事態宣言が発令される。期間は4月25日~5月11日、対象は東京、大阪、兵庫、京都の4都府県。

これを受けて東京都は、各施設に対して業種別ガイドラインの順守と感染防止の徹底を求めている。

東京都・理美容室は休業要請されず 入場整理の協力依頼

理美容室は休業要請されず。入場整理の協力依頼

理美容室・美容サロンへの休業要請・協力要請(3回目の緊急事態宣言・東京都)
「お問い合わせの多かった主な施設」(P.9)

美容室、理容室に対しては、休業要請は行われない。ただし、新たに「入場整理の実施」への協力が依頼された。

具体的な説明はないが、予約システムが無く店頭に行列ができる1000円カット店や、待合スペースが混雑しているサロンなどを想定しているかと推察される。

ネイル・まつエク・エステは大型店に休業要請

理美容室・美容サロンへの休業要請・協力要請(3回目の緊急事態宣言・東京都)
「お問い合わせの多かった主な施設」(P.4)

ネイルサロン、まつ毛エクステンション、エステサロン、日焼けサロン、脱毛サロンについては、床面積の合計が1000㎡を超える大型施設にのみ休業要請が出された。

大半の美容サロンが該当する1000㎡以下の施設に対しては、休業の協力依頼となっている。

【参考】お問い合わせの多かった主な施設(東京都HP)

LINE友だち登録はこちらから!
Instagram公式アカウント

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top