「美容師制度にメスを」 JABS・議員勉強会が河野太郎大臣へ提言

経営・業界動向

一般社団法人日本美容サロン協議会(JABS)および美容サロンに関する議員勉強会は、2021年6月4日、河野太郎行政改革担当大臣の執務室を訪れ、「有志勉強会による美容師制度に関する提言」を手交した。

「美容師制度にメスを」 JABS・議員勉強会が河野太郎大臣へ提言

議員勉強会1年半の成果

日本美容サロン協議会(JABS)は、美容室チェーンの経営者が理事に顔をそろえる業界団体。「次の美容業界のあり方を具現化していく」をスローガンに、業界が内包する問題についての勉強会やロビー活動に取り組んでいる。

昨年は、コロナ禍で経営難にあえぐ美容室の声をまとめ、西村康稔大臣へ要望書として提出したが、今回は、美容師制度に関する提言を行った。

JABSが与党に働きかけて発足した「美容サロンに関する議員勉強会」は、上野賢一郎衆議院議員を会長、小倉將信衆議院議員を事務局長に、7名の議員が参加。

スタートから1年半で5回の勉強会を行い、今回の河野大臣への提言へとつながったという。

河野太郎大臣、JABS、岩田卓郎、雑賀英敏、美容サロンに関する議員勉強会、上野賢一郎、小倉將信の各氏
河野太郎大臣(中央)に提言書を手交する上野賢一郎氏。左から、代議士の本田太郎、小林史明、小倉將信の各氏。2人おいて、JABS岩田卓郎副理事長、雑賀英敏理事、JABS発起人の龍村和久氏、事務局の山本隆太郎氏

当日は、議員勉強会から上野賢一郎会長、小倉將信事務局長、日本美容サロン協議会から岩田卓郎副理事長(エアーエンターテイメント代表取締役)、雑賀英敏理事(トニ-アンドガイジャパン代表取締役社長)らが出席し、河野大臣と意見交換を行った。

美容師制度の改革を提言

「有志勉強会による美容師制度に関する提言」では、国家試験をサロンワークで役立つ内容に見直すことや、インターンシップ制度の復活、クールジャパン戦略に寄与する外国人美容師の就労支援長時間労働の是正コロナ対応への支援などを求めている。

「有志勉強会による美容師制度に関する提言」

①美容師国家試験の改革

②実践的な実務研修制度の創設

③外国人美容師に関する就労特区の支援

④美容師の働き方改革の推進

⑤美容室のコロナ対応への支援

河野大臣との意見交換後は、衆議院第一議員会館に場所を移して記者説明会を実施。提言の内容やその背景について解説を行った。

編集部より
提言内容については、別途、記事を予定しています

LINE友だち登録はこちらから!
Instagram公式アカウント

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top