黒髪美人大賞に本田望結 「髪は心にちかい存在」

経営・業界動向

若干17歳にして、女優、タレント、フィギュアスケート選手と多方面で活躍し、今年6月には歌手デビューも果たした本田望結さんが、第5回「黒髪美人大賞」に選ばれた。

2021年10月20日、東京・元赤坂の明治記念館で開催された授賞式に、つややかな黒髪が引き立つ白いワンピース姿で登場。プレゼンターを務めた女優の高橋ひかるさんとともに、美しい髪の秘訣についてトークを繰り広げた。

黒髪美人大賞に本田望結 「髪は心にちかい存在」

老舗ヘアケアメーカーの創業400年記念で創設

「黒髪美人大賞」は1615年(元和元年)創業の老舗ヘアケアメーカーである柳屋本店が、創業400周年を記念して2015年に設立したアワード。

「今、もっとも黒髪が似合う女性」に向けて、その美しさを称えるこの賞は、第1回大賞を女優の川島海荷さんが受賞。以降、高橋ひかるさん、騎手の藤田菜七子さん、モデルの大原優乃さんが栄えある賞に選ばれてきた。

「黒髪美人大賞」の選考基準

・健康的な美しい黒髪であること

・内面からにじみでるピュアなイメージを持っていること

・チャレンジ精神旺盛で頑張っている元気さがあること

「ドライヤーは絶対!かけなかった日はない」

第5回となる今回、大賞の栄冠に輝いたのは、女優、タレント、フィギュアスケート選手、歌手としてマルチな活躍を見せる本田望結さん。

3歳から芸能活動をしているという本田さんだが、「何かの賞をいただくのは初めて。ニヤニヤしちゃうくらいうれしい。髪を大切にしてきてよかったです」と笑顔で喜びを語った。

第5回「黒髪美人大賞」の女優・フィギュアスケート選手の本田望結さん
クリスタルのトロフィーを手に、つややかな黒髪を披露する本田望結さん

その美髪の秘訣については、お風呂にしっかりつかること、髪をしっかり乾かすことと自己分析。

「ドライヤーは絶対かけます、30分くらい。美容師さんが髪を触ると、ふだんドライヤーをかけている人かどうかわかるっていうくらい、乾かすことは大事。ドライヤーをかけなかった日はないです」と語った。

本田望結×高橋ひかる 美髪トーク

また授賞式には、第2回大賞受賞者で、現在は「柳屋あんず油」のイメージキャラクターを務めている高橋ひかるさんがプレゼンター役として駆けつけた。

「受賞してから、よりケアをがんばるようになって、髪をほめていただくことも増えて自分に自信がつきました」という高橋さん。

「望結ちゃんしかいない、というぐらい(黒髪大賞に)ぴったり」「本当にツヤッツヤ。よく絹のような髪というけれど、こういうことかって思いますもん」と絶賛した。

第5回「黒髪美人大賞」の女優・フィギュアスケート選手の本田望結さんと高橋ひかるさん
和気あいあいとトークが弾む本田望結さん㊧と高橋ひかるさん㊨

2人のトークセッションはラジオ番組の公開収録風に進行。本田さんは二級小型船舶操縦士の資格に合格して来週にも免許が届くといい、釣りを始めたばかりという高橋さんと「一緒に海釣りに行こう」と盛り上がった。

また、YouTube公式チャンネルは、実姉でフィギュアスケート選手の本田真凜さんが編集しているといい、本田三姉妹の知られざるエピソードも明かされた。

「髪は心にちかい存在。大切にしていきたい」

最後にメッセージを求められた本田さんは「髪は下ろすとスッキリするし、フィギュアのときは縛ると気合が入ります。心にちかい存在だと思うので大切にしていきたいです」と話した。

なお、黒髪美人大賞は「国内外へ向けて日本女性の黒髪の美しさを伝えるとともに、その文化的価値を守り、継承すること」を目的としている。

授賞式であいさつに立った外池榮一郎社長兼CEOは、柳屋本店は江戸時代に日本橋で創業した日本で一番歴史のある化粧品メーカーであることを紹介。「今般の社会情勢から、見ているだけで皆さんの気持ちが明るく元気になるような方を選出させていただきました」と話した。

『柳屋あんず油』Presents 黒髪美人大賞
柳屋本店が、創業400周年を記念して2015年に設立したアワード。これまでに川島海荷さん、高橋ひかるさん、藤田菜七子さん、大原優乃さんが受賞している。

柳屋あんず油
2008年に発売された、100%植物由来のさらりと軽やかに髪がまとまるヘアオイル。2021年2月、ヘア&ボディオイルへリニューアル。よりサラリとした感触となり、花の香りも加わった。

LINE友だち登録はこちらから!
Instagram公式アカウント

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top