「現代の名工」に業界から6名 理容師はパンチパーマの匠、美容師は最年少48歳

経営・業界動向

厚生労働省は2021年11月8日、卓越した技能者、通称「現代の名工」の表彰を行った。

令和3年度の被表彰者は、宮大工や鍛冶工、自動車整備工、料理人など全20部門150名で、理美容業界からは美容師3名、理容師3名の計6名。それぞれ表彰状、卓越技能章(楯と徽章)、褒賞金(10万円)が授与された。

「現代の名工」に業界から6名 理容師はパンチパーマの匠、美容師は最年少48歳

令和3年度「現代の名工」(美容師)

美容師は、3名が選ばれた。森本公子さんは、令和3年度における最年少(48歳)の受賞となった。作田幸子さんは独自の帯結び、生島稚世子さんは衣装着付師としての活躍が讃えられた。

森本公子 (もりもと まさこ)氏
(48歳、東京都、有限会社カールピアモリモト ZEN hair&spa)

技能功績の概要

カット、パーマ、カラー等の美容技術全般の指導をはじめ、その技能を活用しニューヘアファッションの創作・発表および伝達に精力的に取り組んでおり、多くの美容師の技術向上に尽力している。

また、様々な美容関連団体にて後進技術者の人材育成に努め、基礎技術や理論についての指導を行うなど、業界のために幅広く活動しており、美容業界全体の社会的地位向上に貢献している。(推薦:東京都)

作田幸子 (さくだ ゆきこ)氏
(84歳、京都府、株式会社サロンドユキ)

技能功績の概要

美容師として高い技術と長年の経験を持ち、京都のみならず全国レベルで活躍している技能者である。氏は、美容の中でも着付け、帯結びを得意とし、従来の形にとらわれない現代風の帯結びを毎年考案し、他の美容師に模範を示すと共に、惜しみなくその技術を伝授している。

「夢路」「十三夜」「鼓」「宝船」「雪舞」「名峯」などの氏独自の帯結びは、業界でも高い評価を得ている。また、自社で指導した後継者が全国大会で優勝する等、後進の育成にも熱心である。(推薦:京都府)

生島稚世子 (いくしま かよこ)氏
(78歳、宮城県、三愛美容室)

技能功績の概要

長年、着付技能を中心とした美容技能の研鑽に努め、特に着付帯結びにおいて、その卓越した技術と知識により、時代の変化、消費者のニーズの多様化に合わせて、数多くの創作発表を行っている。

各地の普及講習会、研修会で講師を務め、自らの技能を継承し、全国のコンクールで審査委員長を務めるとともに、その高度な技術力・指導力で若手技術者に対してコンクールの指導を熱心に行い、優秀な人材を多く輩出するなど後進の指導、育成にも大いに貢献している。(推薦:全美連=全日本美容業生活衛生同業組合連合会)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top