理容日本代表が快挙! パリ世界大会で金メダル5個

セミナー・イベント

世界理容美容技術選手権大会(パリ世界大会)で理容日本代表チームは、団体戦金メダル1個、個人戦金メダル4個を獲得した。

団体戦はシニア部門バーバーカテゴリーで優勝。個人戦ではシニアの牟田口則之氏がクラシックフェード、スキンフェード、クラシックカットの3競技を制し、中嶋聡氏はヘアリプレイスメントで頂点に立った。

理容日本代表が快挙! パリ世界大会で金メダル5個

30カ国以上から700人が出場

世界理容美容技術選手権大会は、世界理容美容機構(OMC)に加盟する国の代表が技術を競う理美容の祭典。

2022年大会は9月11、12日、フランス・パリで開催され、30カ国以上から約700人が出場した。

牟田口則之氏は個人戦3冠

日本の理容チームからは、シニア部門に10人が出場。個人、団体とも各部門で上位入賞し、日本のレベルの高さを知らしめた。

団体戦はシニア部門バーバーカテゴリーで金メダル、テクニカルカテゴリーで銀メダル。個人戦では牟田口則之氏がクラシックフェード、スキンフェード、クラシックカットの3競技で金メダル、中嶋聡氏がヘアリプレイスメントで金メダルとなった。

また、仲山浩史氏はクラシックフェード、スキンフェードカットで銀メダル、小針秀文氏はクラシックフェード、スキンフェードカットで銅メダルを獲得した。

個人戦のヘアリプレイスメントに出場したアデランス津村佳宏社長は、12位だった。

バーバーカテゴリー

団体総合

1位 日本(牟田口則之・仲山浩史・小針秀文)

2位 イタリア

3位 スペイン

4位 ボスニアヘルツェゴビナ

5位 プエルトリコ

※5カ国が出場

第1競技 クラシックフェード

1位 牟田口則之(福岡)

2位 仲山浩史(東京)

3位 小針秀文(東京)

7位 平田光政(熊本)、篠田隼(佐賀)

※7カ国・48人が出場

第2競技 スキンフェードカット

1位 牟田口則之(福岡)

2位 仲山浩史(東京)

3位 小針秀文(東京)

6位 平田光政(熊本)

12位 篠田隼(佐賀)

※8カ国・53人が出場

テクニカルカテゴリー

団体総合

1位 イタリア

2位 日本(牟田口則之・小針秀文・篠田隼)

3位 フランス

4位 ポーランド

5位 アルゼンチン

※5カ国が出場

第1競技 クリエイティブスタイル

5位 小針秀文(東京)

10位 篠田隼(佐賀)

11位 牟田口則之(福岡)

※5カ国・26人が出場

第2競技 クラシックカット

1位 牟田口則之(福岡)

5位 小針秀文(東京)

6位 篠田隼(佐賀)

※6カ国・32人が出場

個人戦部門

ヘアリプレイスメント

1位 中嶋聡(茨城)

11位 新本竜太郎(東京)

12位 津村佳宏(東京)

※8カ国・43人が出場

ファッションカット

10位 仲山恵三(静岡)、水島稔郎(静岡)

※10カ国・37人が出場

=敬称略=

加藤厚生労働大臣に表敬訪問

9月26日には日本理容チームの金メダリスト4選手らが、厚生労働省へ加藤勝信大臣を表敬訪問。

牟田口則之氏、小針秀文氏、篠田隼氏、中嶋聡氏の4選手が凱旋報告した。

パリ世界大会で金メダルを獲得した理容日本代表
後列左から仲山浩史氏、牟田口則之氏、小針秀文氏、中嶋聡氏。優勝作品を再現したウィッグを披露した。
前列は左から大森利夫全理連理事長、加藤勝信厚生労働大臣、山本賢司全理連教育委員長

「全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)」の記事をもっと読む

文/杉野碧

LINEミニプリ導入の成功事例(美容室MASHU)
リピート率9割! 自力集客5倍! MASHUのLINEミニアプリ活用とDX(Beautopia/注目記事)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top