日本小顔補正立体カット協会(LFCA)

ステップボーンカット協会

2019.07.08更新(2018.10.17公開、2019.04.16更新

ステップボーンカット協会

一般社団法人 日本小顔補正立体カット協会(代表理事:牛尾早百合)は7月5日、「一般社団法人 ステップボーンカット協会」へ名称変更したことを発表した。

関連記事日本小顔補正立体カット協会が「ステップボーンカット協会」へ名称変更

関連用語ステップボーンカット

小顔補正立体カット「ステップボーンカット(STEP BONE CUT)」の普及、教育を行う一般社団法人。牛尾早百合氏が代表理事を務める。

「ステップボーンカットアカデミー」で、技術レッスンや理論講習、検定などを終えると「認定スタイリスト」としての資格が得られる。ベーシックカットの基礎があれば受講可能。

・技術レベル保持のため、称号使用には認定制度を設けている

・日本・中国・香港・台湾・韓国にて当会が商標登録済(登録第4967257号)

・小顔補正立体カット(登録第5481716号)および骨格補正立体カット(登録第5525846号)は、JGCAの登録商標。

・「ヘアカット方法」の日本特許を取得済(特許第5191614号)。

・国際特許を申請中(2018年10月現在)

 

【理念】
ステップボーンカットにより美容師の価値を高める。

【ビジョン】
ステップボーンカットを世界のスタンダードに

【協会の役割】
・ステップボーンカット特許の健全な普及と発展に寄与することができる人材の育成
・商標特許の管理、特許技法の品質保持、管理
・会員サロンの繁栄のための、一般消費者認知に向けたブランディング

【会員の役割】
全ての人の幸せの源であり、同会員全員の財産である、ステップボーンカット特許の健全な普及と発展に寄与する
(1.ステップボーンカットを、正しく学び続けること 2.活動内容に賛同し、一緒に活動を推進すること)

【組織の役割】
<理事会>

  1. 認定資格の承認
  2. 資格認定養成講座の開催承認
  3. コンテンツの更新管理
  4. シーズンごとのデザイン開発
  5. 執行方針の決定・年間スケジュールの決定
  6. 年間予算の実行方針決定・技術開発・教材開発
  7. 協会の円滑な運営と会員および協会の発展に向けた活動
  8. 協会の安定的な活動基盤を作り維持すること

<事務局>

  1. 理事会をサポートする執行部

<エリア委員会>

  1. エリアにおける活動内容の決定、実行
  2. サミットや、全国統一認定試験等の開催準備
  3. 会員獲得
  4. 認定試験対策セミナー、技術ライセンス(マニュアル)更新講座、スキルアップセミナー等の開催
  5. エリアコミュニティの活性化

■協会プロフィール
一般社団法人 ステップボーンカット協会
〒650-0036 神戸市中央区播磨町49神戸旧居留地平和ビル507
設立:2012年7月2日
代表理事:牛尾 早百合
副理事長:野嶋 朗
理事:石渡 武臣、金ヶ江 幸一、竹内 克仁
TEL  : 078-333-6765
FAX  : 050-3730-6328

◆一般社団法人ステップボーンカット協会
http://lfca-japan.com/ (名称変更前のサイト)

◆ステップボーンカットアカデミー
http://sbc-a.jp/

◆NY支部
https://www.stepbonecut.com/academy-1

 


美容大図鑑トップへ戻る

関連記事

PR