資生堂美容室、東京・神奈川・大阪・京都の13店舗で時短営業

経営・業界動向

二度目の緊急事態宣言が出たものの、前回と同じく美容室は営業自粛を求められる業種にはなっていない。通常通りに営業するのか、時短営業にするのか、各社で対応がわかれているが、資生堂美容室は関東・近畿の店舗の営業時間を変更した。

資生堂美容室、東京・神奈川・大阪・京都の13店舗で時短営業

関東・近畿13店舗で時短営業

資生堂美容室は、2021年1月8日付で「《関東・近畿》資生堂美容室 営業時間変更のお知らせ」を発表した。

これによると、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、東京6店舗、神奈川2店舗、大阪4店舗、京都1店舗の計13店舗において19時、20時閉店へと営業時間を短縮したという。

予防対策を徹底

なお、来店客に向けては、昨年7月30日付で「新型コロナウィルス感染症予防対策に関するお知らせ」を出している。

来店の遠慮を求める対象

①新型コロナウィルス感染症の症状と言われる『発熱・だるさ・咳・息苦しさ』など体調が優れない方
②新型コロナウィルス罹患者との接触により、濃厚接触者と認定された方
③2週間以内に、海外への滞在履歴がある方
④海外滞在履歴がある方と接触がある方

来店時に求める協力

〇検温
来店時に体温を測定。※店舗により実施状況が異なる

〇体調確認票の記入
①『発熱・だるさ・咳・息苦しさ』といった新型コロナウィルス感染症でおこる症状はありませんか?
②新型コロナウィルスに罹患した方との接触はありませんか?
③2週間以内に、海外への滞在履歴はありませんか?
④海外滞在履歴がある方との接触はありませんか?

〇マスク着用(施術中も着用)

〇入店時の手指消毒
サロンに入店した際に、備え付けの消毒液で手指消毒を実施。

〇当日、体調不良を感じている方・感染が疑われる方は、指定医療機関で検査を受けた後の来店を依頼。

〇密な空間を避けるため、予約を制限。

社員の感染防止対策

〇マスク着用

〇出勤前の体温測定と体調チェック

〇清掃・消毒の徹底

〇店内の換気(美容所登録の基準を満たした換気システムを導入)

〇不特定多数の方が使用するものについてサービスを一時中止
・施術中のブランケット(ひざ掛け)
・雑誌の提供

エステ併設店では、上記に加えて下記を実施。

〇メンテナンスタイム導入
・予約にゆとりを設け、エステルームご利用後の換気、掃除をより徹底

〇ウェルカムドリンクの中止
・ペットボトル(お水)を提供

〇ドライヤーブラシはお客さまごとに袋に入れて交換

時短営業のサロンリスト

東京
・シセイドウ パサージュ ボーテ
・ビューティー チューン 資生堂 池袋東武店
・資生堂ビューティーサロン 新丸ビル店
・資生堂ビューティーサロン 渋谷店
・資生堂ビューティーサロン コレド日本橋店
・資生堂ビューティーサロン 伊勢丹立川店

神奈川県
・資生堂ビューティーサロン そごう横浜店
・資生堂ビューティーサロン さいか屋藤沢店

大阪府
・資生堂 サロン&スパ 大阪
・資生堂ビューティーサロン 近鉄あべのハルカス店
・資生堂ビューティーサロン 大丸心斎橋店
・資生堂ビューティーサロン 太閤園店

京都府
・資生堂ビューティーサロン 高島屋京都店

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top