ANAラウンジに「ダイソン スーパーソニック」

【サロン会話の小ネタ】お客様に、よりVIPな特別感を


 成田・羽田空港ANAラウンジ内すべてのシャワーブースに、ダイソンのヘアードライヤー「ダイソン スーパーソニック」が設置されることになった。10月中旬より、まずは羽田空港から始める。

 同製品はANAの国内線機内Wi-Fi ショッピングサービス「ANA STORE@SKY」、公式ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」で販売されているため、ラウンジで実際にドライヤーを体験した後、スムーズに購入できる。

豊富なカラーラインナップのうち、ANAのイメージカラーである鮮やかなブルーのアイテムが置かれる

 強力なダイソンデジタルモーターV9が生み出す風で髪を素早くしっかりと乾かすため、ダイソンは「忙しく飛び回り、常にタイムマネージメントが必要なビジネスマンの強い味方に」と勧めている。

 また、インテリジェントヒートコントロール機能を搭載。1秒間に20回温度を測定して調整し、過度な熱による髪や頭皮へのダメージを防ぐ。

 


ビュートピア 編集長の目

 2016年4月に発売され、ダイソンの扇風機を思わせるデザインで話題を集めた「ダイソン スーパーソニック」。今年6月には、美容室向けに、フィルターやアタッチメントをグレードアップしてコードを長くした「ダイソン スーパーソニック プロモデル」も登場。愛用している美容師さんも少なくないのでは?

 ダイソンは、全世界の従業員1万2000人超のうち約4500人がエンジニアと科学者というグローバルテクノロジーカンパニー。

 ヘアケア製品の開発には、これまでに88億円相当(2018年現在)を投資しており、「ダイソン スーパーソニック プロモデル」の開発にあたっては、プロがスタイリングを行う時の動き、3624時間相当を研究したそうです。

 サロンワークでブローする時には、こんなダイソンのトリビアを紹介したり「ANAラウンジにも置かれているんですよ」とお話したりすると、お客様もよりVIPな特別感を味わえるのではないでしょうか。

 


関連記事

新着記事

PR