ビューティーエクスペリエンス、福岡スタジオを移転開設

充実の撮影スタジオ。美の体験を発信


 ビューティーエクスペリエンスは10月15日、福岡市中央区に、美の体験を発信するスタジオ「beauty experience fukuoka studio」を移転開設した。

 同社は、創業40周年を迎えた2015年4月、モルトベーネからビューティーエクスペリエンスに社名を変更し、クリエイティブディレクター佐藤可士和氏(SAMURAI)のトータルプロデュースにより、新CIを導入。スタジオについても、ミッションである「新しい美の体験」を体現する空間へと刷新を図っている。

 CIを体現するスタジオは、16年に移転開設した「tokyo studio」、17年の「nagoya studio」に続く、3拠点目。「fukuoka studio」の総面積は、91.91㎡ (58.05坪)。

 大きなガラスが特徴的な開放感あふれる建物に入ったスタジオは、素材が元来持っている美しさをテーマにデザインした。

 建築構造の美しさをそのままの形で見せる天井、柔らかな質感の耐火被覆で覆われた柱をカバーする透明のガラス、太陽の美しさをより感じることのできる本物のフローリング。そして、これらすべてを映し出す大きな鏡。本物の素材が持っている良さがより引き立つシンプルな空間になっている。

bexfukuoka2

ロゴからインスパイアされたキャンパスアート、CIカラーの紫を基調とした照明が目を引く

◆スタジオの特長

① 多機能性を実現
 壁一面が鏡のため、イスの数の調整だけで美容室のセット面を自在に変更でき、利便性に優れている。撮影やイベント演出に対応できる照明機能・音響機能を完備。本格的なフォトシューティングが行えるスタジオとして、美容師へのエデュケーションサポートの役割を果たす。

②CIをアートに表現
 漢字の「美」をモチーフにデザインした「beauty experience」のロゴからインスパイアされた大きなキャンパスアートを、内部・外部に向けて1つずつ設置。新しい美の体験を提供するビューティーエクスペリエンスのミッションを体現する。

 空間全体を柔らかく包み込むように照らす間接照明は、このスタジオのためのオリジナルデザイン。CIカラーの紫を基調とし、四季をモチーフにした色彩やクリスマスカラーの演出ができ、様々なシチュエーションに対して、細やかに対応できる。

③ 美容師と地域の人々に貢献
 昨今は、SNSを活用した美容師とお客様とのコミュニケーションが不可欠になっていることを踏まえ、撮影機能が整ったスタジオを提供。

 一般のお客様に対しては、普段なかなか体験することのできない業務用製品の施術者体験や、美をテーマにした体験型イベントを実施する。交流できる空間として、友人や家族にも気軽に足を運んでもらえるようなコミュニティの場としての活用も予定している。

 

施設概要

■〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1ー15ー27福岡大名ビル 2F
■総面積 191.91㎡ (58.05坪)
■設備
ミーティングルーム:1部屋/シャンプー台:フラット2台/席数:シアター形式 51席・スクール形式 40席/プレゼン用可動ディスプレイ(70インチ):1台/フォト機材:カメラ1台、ストロボ1台、ロールバック紙、PC(Mac)1台 /ドライヤー同時使用:30台/音響設備

 


関連記事

新着記事

PR