色は世界共通言語 現代美術家・竹村京と鬼頭健吾が展覧会「色と感情」

セミナー・イベント

ポーラ ミュージアム アネックス(東京・銀座)は、2022年6月17日(金)から7月24日(日)の期間、現代アーティストの竹村京氏と鬼頭健吾氏による展覧会「色と感情」を開催している。入場料無料。

色は世界共通言語 現代美術家・竹村京と鬼頭健吾が展覧会「色と感情」

新作含む約20点を展示

展覧会「色と感情」では、群馬県を拠点に活動する現代アーティストの竹村京氏と、鬼頭健吾氏のそれぞれの新作や共作など合計約20点を展示する。

「色は世界共通言語であり、また、感情は誰もが持っているもの」として、現在のコロナ禍のような状況において、直接的な話をしなくても、色や感情を共有できることは、非常に大切であるというアーティストの気づきから由来している。

ポーラミュージアムアネックスで開催する竹村京と鬼頭健吾の展覧会「色と感情」
竹村京・鬼頭健吾「Playing Field,Dance of Death」2022年
ポーラミュージアムアネックスで開催する竹村京と鬼頭健吾の展覧会「色と感情」
6月16日には、関係者向けの内覧会が開かれた

1階に共作インスタレーションも

竹村京氏は、写真やドローイングの上に刺繍を施した白布を重ねた平面のインスタレーションや、壊れてしまった食器などの日用品を布で包んで刺繍する「修復シリーズ」を代表作に持つ。作家にとって「仮に」という状態を作り出すことを意図した刺繍という行為から、様々な記憶やものを再構築する。

鬼頭健吾氏は、フラフープやシャンプーボトル、スカーフなど日常にありふれた既製品を使い、その色の鮮やかさや鏡やラメの反射、またモーターによる動きや回転、循環などを取り入れた大規模なインスタレーションを制作している。立体、絵画、写真などその表現方法は多岐にわたる。

会期中、ポーラ銀座ビル1階ウィンドウスペースでも、二人の共作によるインスタレーション作品を展開中。ギャラリーの展示と合わせて二人の世界観を楽しむことができる。

ポーラミュージアムアネックスで開催する竹村京と鬼頭健吾の展覧会「色と感情」
銀座1丁目のポーラ銀座ビル
ポーラミュージアムアネックスで開催する竹村京と鬼頭健吾の展覧会「色と感情」
1階ウィンドウスペースでも、二人のインスタレーション作品を鑑賞できる

展示会の概要

竹村京、鬼頭健吾の両氏による展覧会「色と感情」の概要は、次の通り。

ポーラミュージアムアネックスで開催する竹村京と鬼頭健吾の展覧会「色と感情」

会期

2022年6月17日(金)~7月24日(日)※会期中無休

入場料

無料

開館時間

11:00~19:00(入場は18:30まで)

会場

ポーラ ミュージアム アネックス
(東京都中央区銀座1-7-7 POLA銀座ビル3階)

主催

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

※諸事情により内容が変更になる可能性あり。来場の際はギャラリーHPで最新の情報を確認する

「ポーラ ミュージアム アネックス」公式サイト

「ポーラ」の記事をもっと読む

文/杉野碧

Salon.EC(サロンドットイーシー)の広告バナー長方形(記事下広告/AD)
AD(Salon.EC)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top