BA東京「ガラ・ド・ラ・コワフュール」、一般来場者も交えて楽しく

第61回テーマは「美容のお祭り」


第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール

東京都美容生活衛生同業組合(BA東京/金内光信理事長)は7月9日、東京・蒲田の大田区総合体育館で「第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール 美容技術コンクール」を開催した。

美容技術コンクールは、フリースタイルカット、まとめ髪、着付、まつ毛エクステンションなど8種目に及び、約300名の選手が出場して熱戦を繰り広げた。

第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール

競技は中振袖着付、留袖着付、まつ毛エクステンションからスタート。美容学生も参戦、団体で観戦していた

ガラ・ド・ラ・コワフュールはBA東京の設立2年後にあたる1959年(昭和34年)から年に1回開催されてきた歴史あるコンクール。

今回は「美容のお祭り」をテーマに、より多くの人に美容を身近なものに感じてもらえるよう、美容に関するアトラクションや女子体操の村上茉愛選手と村上英子さんの親子トークショーなどを催し、一般来場者の動員を図った。

メインアリーナでは競技コンクールの後、会場を暗転してイリュージョンショーを開催。サブアリーナでは、メーカーやディーラー、美容クリニックらがブースを出展し販売やサンプル配布を行った。サロンオーナーへの紹介を目的としたブースが中心だったが、一般来場者も無料の肌診断や個性学診断を楽しむ姿が見られた。

第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール

サブアリーナの展示販売。サロン関係者だけでなく一般来場者も肌診断を受けたりサンプルをもらっていた

学生も出場する競技大会のため、美容学校が団体で観戦していたほか、競技後に展示される作品を間近で見学する姿も目立った。

第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール

第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール

競技後の作品を間近で見られるのもガラ・ド・ラ・コワフュールの楽しみのひとつ

なお、第61回ガラ・ド・ラ・コワフュール優勝者は次の通り。=敬称略=

◆BA東京カップ フリースタイルカット(国内・人体):小川舞

◆BA東京カップ フリースタイルカット(海外・ウィッグ):SIM KYUNG NAM

◆サロンスタイリング“カット&ブロー”:朝日康次

◆カット&ブロー:大森学

◆クリエイティブ・ファッション:竹葉如起

◆まとめ髪:西山直人

◆中振袖着付:福島竹美

◆留袖着付:大畑清美

◆まつ毛エクステンション:田中成佳

 


この記事のタグ

# BA東京

関連記事

新着記事

PR

SAN&MONI(サンモニ)
SAN&MONI(サンモニ)