来年はオリンピック選手村で活躍!東京美容家集団が「浴衣カーニバル」

サロンワークに活きるデザイン


浴衣カーニバル

若手の成長促す実践的なコンテスト

東京都美容生活衛生同業組合(BA東京)の技術教育部門を担当する「東京美容家集団(TBA)」は7月30日、東京・代々木の美容会館で第5回「浴衣カーニバル」を開催した。

BA東京は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの選手村で理美容室を開くことが決まっており、日本の伝統文化である浴衣の着付けやヘアメイクを提供する予定。

5回目となる「浴衣カーニバル」も例年以上の熱気に包まれた。

東京美容家集団「浴衣カーニバル」の競技風景

浴衣カーニバルの競技風景。花火大会をテーマに「営業で幅広く活用されるデザイン」を競った

当日は「浴衣アップスタイル」「浴衣メイクアップ」「ヘアアレンジ」の3種目のコンテストを実施。さらに、板谷裕實氏(ITAYA主宰)による「HIROMI ITAYA オンステージ」が行われた。

板谷裕實氏(ITAYA主宰)による「HIROMI ITAYA オンステージ」

板谷裕實氏(ITAYA主宰)による「HIROMI ITAYA オンステージ」

板谷裕實氏(ITAYA主宰)による「HIROMI ITAYA オンステージ」

コンテストのテーマは「浴衣アップスタイル」「浴衣メイクアップ」が『花火大会』、「ヘアアレンジ」が『結婚式のお呼ばれヘア』。

「若い美容師が少しでも早く営業に貢献できるように、切磋琢磨して成長する場をつくりたい」との思いから始まった企画のため、「浴衣アップスタイル」「浴衣メイクアップ」は「営業で幅広く活用されるデザイン」、ウィッグ競技の「ヘアアレンジ」は「より実践的で個性が光る作品」であることが条件。

組合に加盟しているサロンの若手スタイリストやアシスタントがコンテストに挑み、会場に駆けつけた同僚らが見守る中、サロンワークにつながるデザインを競い合った。

第5回「浴衣カーニバル」受賞作品

コンテスト3種目および「浴衣アップスタイル」「浴衣メイクアップ」ダブルエントリーの受賞者は次の通り。

浴衣アップスタイル

浴衣アップスタイル競技(人体競技)は、千葉怜寿(れいじゅ)さんが優勝。千葉さんは、ダブルエントリーでも優勝の栄冠を手にした。

浴衣アップスタイル優優勝の千葉怜寿さん

浴衣アップスタイル優勝作品。千葉怜寿さんはダブルエントリーでも優勝

浴衣アップスタイル優勝の千葉怜寿さん

浴衣アップスタイル優勝の千葉怜寿さん

◆浴衣アップスタイル競技入賞者 =敬称略=

優勝/千葉怜寿(ちばれいじゅ)

準優勝/小山悠(こやまゆう)

3位/角田安(つのだあんり)

賛助会員賞/宮田のどか(みやたのどか)

浴衣メイクアップ

浴衣メイクアップは「メイクアップ」を中心に、浴衣、ヘアスタイル、メイクアップ、アクセサリーのトータルバランスで審査。

小川舞さんが優勝の栄冠を手にした。

浴衣メイクアップスタイル優勝の小川舞さん作品

◆浴衣メイクアップ競技入賞者 =敬称略=

優勝/小川舞(おがわまい)

準優勝/友田岬(ともだみさき)

3位/角田安(つのだあんり)

賛助会員賞/佐々木いぶき(ささきいぶき)

ダブルエントリー

浴衣アップスタイルと浴衣メイクアップスタイルのダブルエントリーについては、千葉怜儒さん(浴衣アップスタイル優勝)、友田岬さん(浴衣メイクアップ準優勝)が優勝した。

ダブルエントリー優勝の千葉怜儒さん(左端)、友田岬さん(右端)

ダブルエントリー優勝の千葉怜儒さん㊧、友田岬さん㊨ともに、吉祥寺のフィールでアシスタントとして勤務。コンテスト優勝は自信と意欲向上に

◆ダブルエントリー競技入賞者 =敬称略=

優勝/千葉怜儒(ちばれいじゅ)、友田岬(ともだみさき)

準優勝/角田安(つのだあんり)

3位/権平美穂(ごんだいらみほ)、小川舞(おがわまい)

ヘアアレンジ

ヘアアレンジは『結婚式のお呼ばれヘア』をテーマに、編み込み、シニヨン、くるりんぱのうち、ひとつ以上を取り入れるとの規定にそってデザイン。

波打つエレガントな髪の流れが印象的な下坂愛さんが優勝した。

ヘアアレンジ優勝の下坂愛さんの作品

◆ヘアアレンジ競技入賞者 =敬称略=

優勝/下坂愛(しもさかあい)

準優勝/平池優早紀(ひらいけうさき)

3位/山口吏佳(やまぐちりか)

賛助会員賞/小松彩乃(こまつあやの)

 

関連記事浴衣カーニバル表彰式 「着物は伝統文化、着付けは伝承技術、オリンピック選手村で各国選手に浴衣を着付ける」

 


関連記事

新着記事

PR

SAN&MONI(サンモニ)
SAN&MONI(サンモニ)