コロナで全店休業の美容室が破産 創業30余年で10店舗、社員数80名の横浜・キャネル


美容業界の速報ニュース

横浜を中心に美容室「Resistance」8店舗、エステ・ネイルサロン「Cher eyelash」2店舗を展開する有限会社キャネル(横浜市戸塚区/代表:鳥毛寿明)が、東京地裁より破産開始決定を受けた。東京商工リサーチが2020年5月19日付で報じた。

報道によると、キャネルの年間売上高は約3億8000万円で、負債は現在調査中。人件費や家賃などの固定費負担、競争激化から集客に苦戦し、売上不振が続いていた。

新型コロナウイルスの感染拡大により4月末まで全店舗を臨時休業していたが、休業による売上減が響き、事業再開の見通しが立たず、破産するに至った。

なお、キャネルの公式サイトでは店舗数は9店舗となっている。1988年(昭和63年)10月設立で、社員数は80名を数える。


(編集部より)

「資金繰り表」でキャッシュフローの確認を

売上不振が続いていたところに新型コロナという大打撃。内部留保がない状態で融資に時間がかかると、キャッシュが枯渇し倒産しかねません。

確認のためにも「資金繰り表」をつくり、キャッシュフロー把握してください。

【弁護士に聞く】「資金繰り表」からの融資・助成金申請。セーフティーネット、持続化給付金のあれこれを公認会計士でもある瀬戸弁護士が解説
(リンク先は動画サイト「ヘアキャンプ」です)

【5月31日まで】弁護士の無料相談

この動画に協力いただいた瀬戸弁護士も参加している、弁護士事務所の枠を超えた弁護団「美容室・美容師の法律相談室」では5月31日(日)まで無料で法律相談を受けつけています。

LINEでも相談できるので、心配ごとは早めにお話されるといいかと思います。

▽WEBSITE/https://biyou-houritsu.com
▽LINE/https://lin.ee/2d9EteBWH
▽MAIL/info@biyou-houritsu.com
▽TEL/050-5375-9084(平日・土日祝日9時~21時)

スタッフの雇用守れる事業譲渡も

サロンを売却・譲渡することを検討されている方は、美容業界に特化したサービスがあります。

〇居抜き物件としての売却⇒サロン不動産ネット

〇スタッフ雇用を守って事業譲渡⇒サロンM&Aネット

世間一般では、会社の売買時には従業員が不安定な立場に立たされがちですが、美容室の場合はむしろ逆です。

美容師についているお客さまも含めてサロンの価値とされるケースが多いため、今いる従業員は歓迎され、雇用が守られやすい傾向にあります。

「逆に、今が買い時」と思っている方もいるので、買い取り・譲受側の登録も増えているとのこと。

なお「サロンM&Aネット」「サロン不動産ネット」どちらも、譲渡・売却する側の手数料は無料です。

 

LINEから法律相談できます(5月31日まで無料)

美容サロンのためのオンライン弁護士サポート『美容室・美容師の法律相談室』

 


関連記事

新着記事

PR

プロミルコロン SAN&MONI(サンモニ)
プロミルコロン SAN&MONI(サンモニ)