最大650万円! 美容室のM&Aに「経営資源引継ぎ補助金」 売り手・買い手の双方支援

2020.10.09

経営資源引継ぎ補助金(美容室の承継・M&Aのために)

中小企業庁は、令和2年度補正予算に基づく「経営資源引継ぎ補助金」の公募を開始した。

7~8月の実施に続く二次公募で、申請期間は2020年10月24日19時まで。特設WEBサイトからオンラインで申し込む。

雇用・技術を引き継ぐM&A

コロナ禍で事業をたたむ企業が増えているが、M&Aで承継すれば、技術と雇用が守られる

「経営資源引継ぎ補助金」は事業の売り手・買い手の双方に補助金を出すことで、経営資源が引き継がれるよう後押ししようというもの。

==関連記事==
▶事業譲渡には「サロンM&Aネット」

売り手支援は最大650万円

売り手支援の補助金は、50万円~650万円。

対象経費の区分は、謝金、旅費、外注費、委託費​システム利用料と、廃業費用としての廃業登記費、在庫処分費​、解体費、原状回復費​で、補助対象経費の3分の2​が支給される。

補助下限額は50万円。上限は、経営資源の引継ぎを促すための支援​が100万円、経営資源の引継ぎを実現させるための支援​が650万円。

買い手支援は最大200万円

買い手支援の補助金は、50万円~200万円。

対象経費の区分は、謝金、旅費、外注費、委託費​、システム利用料​​で、補助対象経費の3分の2​が支給される。

補助下限額は50万円。上限は、経営資源の引継ぎを促すための支援​が100万円、経営資源の引継ぎを実現させるための支援​が200万円。

補助金交付までの流れ

「経営資源引継ぎ補助金」の交付までの流れ

補助金の交付までの流れは、上図の通り。

交付決定前に契約・導入したものについては補助対象とならないため、すぐにも申請することが大事だ。

申請のスケジュール

「経営資源引継ぎ補助金」の申請スケジュール

申請のスケジュールは、上図の通り。2020年10月24日19時締切で、11月中旬に交付が決定される。

「経営資源引継ぎ補助金」特設サイトをCHECK➡
申請ページをCHECK➡

==この記事を読んだ方におすすめ==
▶事業譲渡には「サロンM&Aネット」

■概要
補助金名称
中小企業庁令和2年度補正予算「経営資源引継ぎ補助金」(「経営資源引継ぎ・事業再編支援事業」の一環)
交付申請期間
2020年10月1日(木)~10月24日(土)19:00
応募方法
特設WEBサイトよりオンラインで申請

 

ビュートピアのLINE※ビュートピアのおすすめ記事をお届けします


関連記事

新着記事

PickUP

soeasy SAN&MONI(サンモニ)
soeasy SAN&MONI(サンモニ)