「見る」という行為の本質を問いかける

映像と噴水を中心にしたインスタレーション


 ポーラ ミュージアム アネックス(東京・銀座)は、2018年10月5日(金)~2018年11月4日(日)の期間、ドイツ・ベルリンを拠点に国内外で活動するSHIMURAbrosの展覧会「Seeing is Believing 見ることは信じること」を開催する。

 SHIMURAbrosはユカ氏とケンタロウ氏からなる姉弟ユニット。映画をベースとした制作活動を行い、映像や彫刻、インスタレーション作品など、その表現方法は多岐にわたる。また2014年より、オラファー・エリアソンのスタジオで研究員を務めている。

 「あなたが見ているのは本当の世界の姿なのだろうか。実は一つの方向でしか見えておらず、もっと多面的に存在しており、ただ見えていないだけなのではないか」
 「見る」という行為の本質を問いかける、映像と噴水を中心にした新作インスタレーション。「見る」ことの不思議を通じて、「見る」ことついて再考を試みる作品を体感できる企画展だ。

 

ポーラ ミュージアム アネックス 
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7ポーラ銀座ビル3階
電話:03-5777-8600
URL:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/


この記事のタグ

関連記事

新着記事

PR