クラウドPOS「サロンアンサー」、LINEミニアプリと連携

集客・採用

LINE上で自社アプリのような機能を提供できる「LINEミニアプリ」。

2021年3月8日より、美容サロン専用クラウドPOS「サロンアンサー(SalonAnswer)」と「LINEミニアプリ」の連携がスタートした。

クラウドPOS「サロンアンサー」、LINEミニアプリと連携

全国5000店舗導入のクラウドPOSサービス

エクシードシステム株式会社(岡山市北区/代表取締役社長:丸山英一)が提供する「サロンアンサー」は、サロンの予約管理、顧客管理、売上管理、各種分析機能などを備えたクラウド対応のPOSサービス。

美容業界に特化しているからこその使い勝手の良さや、iPad1台から利用できる手軽さが受け、全国5000店舗以上のサロンで導入されている。

POS顧客とLINEフォロワーを紐づけ

今回、「サロンアンサー」と「LINEミニアプリ」が連携したことで、POS顧客とLINE公式アカウントのフォロワー(友だち)を紐づけることが可能になった。

サロンアンサーPOS画面

サロンアンサーの条件抽出機能や分析結果を用いれば、特定の顧客だけにメッセージやクーポンを配信可能。LINEメッセージとして届くため開封されやすく、従来に比べて戦略的で密なコミュニケーションを取りやすくなる。

また、顧客名簿を二重管理していると思わぬミスが起こりがちだが、予約情報などを一元管理できるため、サロン業務の負担が軽減される

LINE以外はダウンロード不要

サロンアンサーのバーコード
LINEミニアプリの利点は、お客さまの手間がかからないこと。LINEだけで簡単に登録できる

LINEアプリさえスマートフォンに入っていれば、他のアプリはダウンロード不要。

LINEのホーム画面にサロンアプリを追加するだけで、予約・注文・決済・会員証などの機能を利用できる

サロンアンサーウェブ
予約やポイント付与はもちろん、来店時に会員バーコードを読み取れば電子レシートも配信できる

サロンが自前でアプリを開発するのはコストがかかる上、なかなかダウンロードしてもらえないという悩みがつきものだが、LINEミニアプリを利用すれば、サロンスタッフがアプリを案内する手間も、お客さまがインストール手間もかからない

なお、サロンアンサーとLINEミニアプリの連携は、「LINE公式アカウント」を持っていることが前提。エクシードシステムのオプションメニュー「LINEミニアプリオプション」「WEB予約オプション」を契約する必要がある。

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top