アルテサロンHD、オリジナル店販品をネット販売へ

経営・業界動向

アルテ サロン ホールディングスは2021年8月上旬をめどに、オリジナルコスメブランド「ennic(エニック)」のネット販売をスタートする。

同社がオンラインストアを開設するのは、今回が初めて。

アルテサロンHD、オリジナル店販品をネット販売へ

累計2万本突破の人気ブランド

「エニック」は、人にも環境にもやさしいエシカルコスメで、ヘアケアとスキンケアを取りそろえる。

アルテ サロン ホールディングスのサスティナブルなヘアケア&スキンケアブランド「エニック(ennic)」
ヘアケアとスキンケアをラインナップ(展示会での様子

百貨店へのポップアップストア出店やセゾン・UCカード会員サイトでの販売も行っているが、大半は自社美容室での店頭販売。

デザイナーズサロンの「Ash」(2021年6月末で124店舗)、「NYNY」(同32店舗)、「NAOKI HAIR DRESSING」(同2店舗)、「AMG」(同1店舗)、「Bees」(同1店舗)で販売し、2020年2月の発売から累計2万本以上を売り上げている。

ネット販売の課題は店舗・個人への利益還元

アルテサロンHDのECサイト
「エニック オンラインストア」(8月上旬オープン予定)

フランチャイズ方式を取っているアルテ サロン ホールディングスにとって、オンライン販売は店舗ごとや美容師個人への利益還元に課題があった。

しかし、コロナ禍における店舗休業で「オンライン販売の必要性」を実感したこと、エニックブランドを成長させていくためには「サロン顧客以外とのタッチポイントを作る」ことも重要だと判断し、オンラインストア開設に踏み切ったという。

店舗別のオンラインストアを構想

利益関連の課題を解消するため、将来的には、Ashの各店舗ごとにオンラインストアを開設することを検討しているという。

また、サロン以外の場でも購入機会を増やしてブランド認知を高めることは、長期的にはグループ全体のイメージ向上につながり、サロン集客への相乗効果も生むと見込んでいる。

この記事を読んだ方におすすめ

ごちゃまぜの魅力「ジャンブル トーキョー」 アルテ サロンHDがオリジナルコスメ出展

LINE友だち登録はこちらから!
Instagram公式アカウント

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top