「大人になったらなりたいもの」美容師が過去最高6位

第一生命1000人調査。子どもの憧れの職業、平成時代にどう変わった?


大人になったら美容師になりたい

 

第一生命保険は3月8日、全国の幼児・児童(保育園・幼稚園児及び小学校1~6年生) 1000 人を対象に行った「大人になったらなりたいもの」調査の結果を発表した。

平成元年(1989年)から始まった調査は今回で30 回目。女の子では「美容師」が過去18回ランクイン。いずれも7~10位だったが、平成最後の調査で過去最高の6位に入った。

なお、男の子で美容師がベスト10に入ったことはなく、理容師については男女ともランクインしていない。

「身近で人のケアに携わる職業」が人気

第一生命では30 回目を記念し、平成の時代と共に子どもたちの憧れの職業がどう移り変わったかをふりかえった。

女の子については、1997 年から 22 年連続で「食べ物屋さん」がトップを独走。また、「保育園・幼稚園の先生」「看護師さん」「学校の先生」など「身近で人のケアに携わる職業が、長年にわたって根強い人気を誇る」と分析している。

一方、「客室乗務員」は1994年以降、トップ10から姿を消し、定番だった「お花屋さん」も2014年を最後にランク外となっている。

学年別・地域別の美容師人気は?

2018年の調査結果について、東西の地域別(1~5位)では、西日本(女の子)の5位に美容師が入った。

また、未就学、小学校低学年、中学年、高学年の学年別に発表したベスト3では、小学校低学年(女の子)の3位に美容師がランクイン。

平成時代、過去30回の「美容師」順位

平成元年から平成30年まで、30回にわたって行われてきた「大人になったらなりたいもの」における「美容師」順位(女の子)は、次の通り。

1989年  (平成元年) /8位
1990年  (平成2年) /9位
1991年  (平成3年) /9位
1992年  (平成4年) /8位
1993年  (平成5年) /ランク外
1994年  (平成6年) /8位
1995年  (平成7年) /ランク外
1996年  (平成8年) /ランク外
1997年  (平成9年) /ランク外
1998年  (平成10年) /ランク外
1999年  (平成11年) /8位
2000年  (平成12年) /10位
2001年  (平成13年) /9位
2002年  (平成14年) /ランク外
2003年  (平成15年) /10位
2004年  (平成16年) /7位
2005年  (平成17年) /ランク外
2006年  (平成18年) /10位
2007年  (平成19年) /8位
2008年  (平成20年) /7位
2009年  (平成21年) /ランク外
2010年  (平成22年) /ランク外
2011年  (平成23年) /7位
2012年  (平成24年) /ランク外
2013年  (平成25年) /8位
2014年  (平成26年) /7位
2015年  (平成27年) /ランク外
2016年  (平成28年) /8位
2017年  (平成29年) /ランク外
2018年  (平成30年) /6位
※調査人数は年により異なる。近年は1000人調査

2018年の「大人になったらなりたいもの」ベスト10

今回、2018年(平成30年)のベスト10は、次の通り。

【女の子部門】
1位/食べ物屋さん
2位/保育園・幼稚園の先生
3位/看護師さん
4位/学校の先生(習い事の先生)
5位/お医者さん
6位/美容師さん
7位/飼育係・ペット屋さん・調教師
7位/デザイナー
9位/歌手・タレント・芸人
10位/ピアノ・エレクトーンの先生・ピアニスト

【男の子部門】
1位/サッカー選手
2位/野球選手
3位/学者・博士
4位/警察官・刑事
5位/大工さん
5位/食べ物屋さん
7位/お医者さん
7位/陸上選手
9位/消防士・救急隊
10位/ゲームやおもちゃを作る人
10位/電車・バス・車の運転士
10位/パイロット
10位/料理人

 


この記事のタグ

関連記事

新着記事

PR