ビューティーワールド ジャパン2022 4年ぶりのビッグサイトで華々しく開幕

セミナー・イベント

「ビューティーワールド ジャパン2022」(主催:メッセフランクフルト ジャパン)が、5月16日に開幕した。

過去最大規模となる672社が東京ビッグサイト東ホールに集結。初日から多くの美容業界関係者でにぎわった。開催は18日まで。

ビューティーワールド ジャパン2022 4年ぶりのビッグサイトで華々しく開幕

東ホール全館使用、初日からにぎわう

ヘアからスキンケア、アイラッシュ、ネイルまで幅広いビューティーカテゴリーを網羅するビューティーワールドジャパン。

2020年の中止や東京五輪開催による会場の利用制限などを経て、4年ぶりに東京ビッグサイトの東ホールでの開催となった。

東ホール全館を使用し、過去最大規模となる672社が出展。そのうち約215社が新規の出展で、訪れたバイヤーや美容師は新しい商材やサービスをぎん味していた。

13の展示ゾーンに多様な製品やサービス

会場は同時開催の東京ネイルフォーラムを合わせて13ゾーンにカテゴライズ。

ヘアに関するあらゆる製品・サービスが集まる東2ホールの「クリエイティブヘアゾーン」には、理美容サロン向けの商材を扱う40社以上が出展した。

東2-6ホールには「コスメティックゾーン」や「アイラッシュゾーン」がまたがり、スキンケアやエステ、アイラッシュなど幅広いカテゴリーの製品が並んだ。

東3ホールの「からだ+キレイゾーン」は、初開設となった昨年からさらにパワーアップ。昨今注目を集めるフェムケア製品・サービスや、高齢化社会で健康維持するためのサプリや食品、ボディメイク、オーラルケアなど、多彩な製品が並んだ。

新設の「OEM・パッケージゾーン」と「メイクアップゾーン」も盛況だった。OEM・パッケージゾーンには、約15社が出展。メイクアップゾーンは、マスク着用が定着したコロナ禍で、新しいニーズにこたえるメイクアップ商材を約15社が展示した。

「東京ネイルフォーラム2022」は東1ホールで開催。日本ネイリスト協会の「JNAブース」では、トップエデュケーターによるデモンストレーションが行われた。

人気美容師のセミナーめじろ押し

毎回人気のセミナー企画「ヘア&ネイルステージ」は、東2ホールで3日間にわたって14のステージを開催する。

初日は、6つのセミナーを実施。

川上昌博氏(Barbershop APACHE)の「フェードを学ぶ!Barber界のレジェンド 川上昌博が魅せるメンズカットセミナー」は、約100席の会場が埋まり、参加者は熱心に耳を傾けていた。

メンズスタイルの技法やトレンドを解説する川上昌博氏(左から2番目)

2日目以降も、新井唯夫氏(FÉERIE)や小松敦氏(HEAVENS)、近藤繁一氏(HYSTERIA)など注目のセミナーがめじろ押しとなっている。

なお、感染症拡大防止のため、来場は事前登録制となっている。

→ 来場事前登録ページ(公式サイト)

文/杉野碧

Salon.EC(サロンドットイーシー)の広告バナー長方形(記事下広告/AD)
AD(Salon.EC)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top