カラー剤から始めるサロンのサステナビリティ ビューティガレージが空き容器回収プロジェクト

経営・業界動向

ビューティガレージは2022年6月9日より、カラー剤のアルミニウム容器を回収してリサイクルする「資源再生プロジェクト」を開始する。空き容器は、ビューティガレージのショールームやストア、物流拠点で受け付ける。

サロンならではの取り組みで、美容業界全体での廃棄量削減や、循環型社会の実現を目指す。

カラー剤から始めるサロンのサステナビリティ ビューティガレージが空き容器回収プロジェクト

アルミ容器リサイクルでポイント付与

サロンで日々大量に廃棄されるカラー剤の空き容器。

ビューティガレージは「カラー剤容器回収プロジェクト」として、全国9カ所のショールームやストアでアルミニウム空き容器を受け付ける。千葉県柏市の物流拠点への送付にも対応する。

回収後の空き容器は、資源再生センターを介して、アルミ資源としてリサイクルされる。“サロン発”のサステナブルな取り組みで、アルミニウムの循環実現を目指す。

また、本プロジェクトに参加したサロンには、提供したカラー剤容器の重量に応じて、ビューティガレージのECサイトや実店舗で使用できる「BGポイント」が付与される。BGポイントは1ポイント1円で利用できる。

なお、プロジェクトで得た収益は、森林保護や緑化推進を行う団体へ寄付する予定だ。

プロジェクトの流れ

ビューティガレージカラー剤容器回収プロジェクト

カラー剤容器の回収重量と還元されるポイント

回収重量BGポイント
3~5kg200p
5~10kg500p
10kg以上1500p

再生資源でエネルギー97%節約

アルミニウムをリサイクルした場合、原料から地金をつくる時に比べて大幅にエネルギーを削減できる。

回収されたアルミから再生地金をつくる際にかかるエネルギーは、原料から新しい地金をつくる時の3%。再生資源にすることで、97%ものエネルギーが節約できる。

また、アルミニウムをつくるには、天然資源のボーキサイトが必要だが、天然資源は無限ではない。持続可能な未来のためには資源の節約が重要となる。

サステナブルな社会、業界、企業に

ビューティガレージは、2003年に中古理美容機器の販売からスタートし、「理美容機器のリユース市場創出」を通して循環型サイクルの浸透を志し歩んできた。

また現在は、「美容業界を変える」を企業理念とし、新しい価値創出によって美容業界の繁栄に貢献することを目指している。

この創業の志と企業理念のもと、「サステナブルな社会、美容業界、企業をつくり上げていくことが、当社グループの大きな役割であり存在意義である」として、サロンとともに取り組む本プロジェクトが始動した。

全国のビューティガレージ拠点で受付

カラー剤容器は、全国のショールームや渋谷のストアへの持ち込みのほか、千葉県柏市のビューティガレージ物流拠点への送付でも受け付ける。なお、送付する際の送料はサロンが負担する。

送付の際の手順は以下の通り。

ステップ①

カラー剤の残液をチューブ絞りを使って全て絞り出す。

ビューティガレージカラー剤容器回収プロジェクトステップ1

ステップ②

キャップを外し、ビニール袋で包んでダンボールに入れる。

※容器以外のもの(キャップや他のアルミ材、梱包材等)を入れるのはNG。

ビューティガレージカラー剤容器回収プロジェクトステップ2

ステップ③

下記の発送先住所まで送付する。なお、送付の手配はサロンが行う。

※3kg(カラー剤容器約300本)以下での発送はNG。

ビューティガレージカラー剤容器回収プロジェクトステップ3

発送先
〒277-0874 千葉県柏市柏インター南6番地
TEL:04-7192-6050
株式会社ビューティガレージ
カラー剤容器リサイクルプロジェクト宛

なお、参加サロンは「環境配慮型サロン宣言証明」を店頭に掲げることができる。

SDGsやサステナビリティへの取り組みに興味があるが、何を始めたらいいか分からないといったサロンにおすすめの取り組みだ。

BGカラー剤容器回収プロジェクト環境配慮型サロン宣言証明
「環境配慮型サロン宣言証明」はビューティガレージのサイトからダウンロードできる

「ビューティガレージ」の記事をもっと読む

「SDGs」の記事をもっと読む

「BEAUTY GARAGE カラー剤容器回収プロジェクト」ページ

文/杉野碧

Salon.EC(サロンドットイーシー)の広告バナー長方形(記事下広告/AD)
AD(Salon.EC)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top