2022上半期ヘアケアの注目ワードは「アホ毛」「ナイトキャップ」「摩擦レス」

経営・業界動向

2022年上半期のヘアケアは、「アホ毛」「ナイトキャップ」「摩擦レス」といったキーワードが注目を集めた。

口コミサイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは、2022年6月9日に2022年上半期新作ベストコスメを発表し、受賞商品やトレンドを解説した。

2022上半期ヘアケアの注目ワードは「アホ毛」「ナイトキャップ」「摩擦レス」

ヘアケアでアンドハニーが2冠

上半期新作ベストコスメが発表されたアットコスメベストコスメアワードでは、アットコスメリサーチプランナーの西原羽衣子氏と原田彩子氏によって、受賞商品やトレンドの解説がされた。

アットコスメベストコスメアワードで解説するリサーチプランナーの西原羽衣子氏と原田彩子氏
上半期新作ベストコスメの解説をするアットコスメリサーチプランナーの西原羽衣子氏㊧と原田彩子氏㊨

「上半期新作ベストコスメ」では、総合ランキングのほか、カテゴリー別の「アイテム賞」も発表があった。

シャンプー・コンディショナーはアンドハニーの「&honey Creamy EXダメージリペアシャンプー1.0/ヘアトリートメント2.0」、ヘアケアはプロミルの「プロミルミルク」、ヘアスタイリング・カラーでもアンドハニーの「&honey Melty マトメイク スティック スーパーホールド4.0」が1位を獲得した。

各カテゴリーのアイテム賞は以下のとおり。

■ シャンプー・コンディショナー

1位/アンドハニー
&honey Creamy EXダメージリペアシャンプー1.0・ヘアトリートメント2.0

2位/ジュレーム
ジュレーム iP タラソリペア 補修美容液シャンプー・トリートメント(ディープモイスト)

3位/THE PUBLIC ORGANIC
ザ パブリック オーガニック スーパーシャイニー 精油シャンプー・トリートメント

■ ヘアケア

1位/プロミル
プロミルミルク

2位/アヴェダ
ボタニカル リペア オーバーナイト セラム

※ヘアケアは2位までの発表

■ ヘアスタイリング・カラー

1位/アンドハニー
&honey Melty マトメイク スティック スーパーホールド4.0

2位/モイストダイアン
パーフェクトビューティー マエガミ スティック ハード

3位/ルプルプ
LPLP essence カラートリートメント

自撮り文化が影響?アホ毛・前髪を気にする人増加

ヘアケアにおいて、アットコスメが最初に注目したトピックスは、「アホ毛」や「前髪」。

「『アホ毛』は梅雨に限らず、1年中投稿されるようなビッグワードに成長しつつある」と原田氏。アットコスメの口コミでもワード出現率は、もはや「枝毛」を上回っているという。

また、「前髪」というワードの出現率も昨年から10%増加している。

これらの傾向に原田氏は、「自撮り文化」が影響していると推測。「ちょっとした顔のシミなどは後から修正できるが、ピンと立ったアホ毛や、乱れた前髪は修正できず、写真を見てがっかりする人が多い。これから人と会う機会や、写真を撮る機会も増えると、ますますこういった悩みが深刻化してくるのでは」と予想する。

実際に、ヘアスタイリング・カラーの1位と2位は、どちらもスティックタイプで、どこでも手軽にアホ毛や前髪を抑えることができるアイテム。

ランキング外だが、「前髪グルー」というおでこにスタイリング剤を塗って、前髪を固定する商品も人気という。

寝ている間のヘアケア「ナイトキャップ」に注目

寝ている間のヘアケアにも、関心が高まっている。

ヘアケアの1位と2位は、どちらもナイトケアを訴求するアイテム。西原氏は「これから日常生活が戻ってきて忙しくなると、自分のために使える時間が減ってくる。寝ている間にケアできるものに注目」と話す。

アットコスメ上半期新作ベストコスメ2022のベストヘアケア1位となったプロミルミルク
上半期新作ベストコスメのヘアケアカテゴリーで1位となったプロミルミルク

「プロミルミルク」をチェック(EC)

また、ナイトケアの一つとして、ナイトキャップもネクストトレンドの兆しがある。「ナイトキャップ」のワード出現率は昨年比で25%増加した。

原宿の旗艦店「アットコスメトーキョー」では、6月1日から28日まで期間限定で、ECで人気のナイトキャップ「COCOSILK(ココシルク)」を店頭販売するなど、要注目となっている。

アットコスメベストコスメアワード2022のベストコスメ解説
アットコスメトーキョーで販売しているココシルクの「シルク ナイトキャップ」。イメージキャラクターはインフルエンサーの古川優香さんが務める

髪や肌の「摩擦レス」ニーズ高まる

ナイトキャップにも関連するが、「摩擦レス」というワードの出現率も、昨年比143%と急上昇。

シャンプー・コンディショナーで1位となったアンドハニーは、摩擦によるダメージケアを訴求している。

また、総合大賞となったファンケルの「マイルドクレンジングオイル」も摩擦レスが一つの特徴。ヘアケアのみならず、洗顔料やスキンケアでもその傾向は拡大していきそうだ。

文/杉野碧

Salon.EC(サロンドットイーシー)の広告バナー長方形(記事下広告/AD)
AD(Salon.EC)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top