アットコスメ2022上半期大賞は“マイクレ” 定番商品の7代目に栄冠

経営・業界動向

アイスタイルは2022年6月9日、「@cosme(アットコスメ)ベストコスメアワード2022上半期新作ベストコスメ」を発表した。

新製品を対象とするアワードだが、総合大賞に輝いたのは、“マイクレ”の愛称で長年にわたって親しまれているファンケルの「マイルドクレンジングオイル」。発売から実に7回目となるリニューアルで、改良を重ねた結果に高い評価が集まった。

2位以下は、コロナ禍で落ち込んだリキッドファンデーションや口紅、チークが返り咲き、日常生活に向けての「リハビリ」期を印象づけた。

アットコスメ2022上半期大賞は“マイクレ” 定番商品の7代目に栄冠

総合大賞はロングセラーのリニューアル商品

「上半期新作ベストコスメ」は、2021年11月1日~2022年4月30日に発売された新商品3605アイテムが対象。アットコスメメンバーから寄せられた8万6330件のクチコミ投稿をベースに、生活者が支持する商品を表彰するアワードとなっている。

東京・原宿の旗艦店「@cosme TOKYO(アットコスメ トーキョー)」で開かれたアットコスメベストアワードで、下半期トレンド予測と同時に発表された。

総合大賞に輝いたのは、ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」。1997年の初代発売以来、定期的にリニューアルを行い、昨年11月に発売された受賞商品は7代目というロングセラー商品だ。

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 大賞 ファンケル マイルドクレンジングオイル
「上半期新作ベストコスメ」の総合大賞に輝いたファンケル マイルドクレンジングオイル

ベストコスメアワードに登壇したアイスタイルの吉松徹郎社長は、「みなさん現在のいろんな不安がある中で、『失敗したくない』という気持ちがみてとれる。 アットコスメのクチコミを見てみると、多くの商品のクチコミは、リピーターからの投稿が20%ぐらいなのに対して、この商品に関しては50%がリピーターによって書かれている」と定番商品が支持を集めた背景を解説。

また、リニューアルが「企業努力」として消費者に前向きに捉えられていることや、メーカーが消費者と継続的な信頼関係を築いていることなどをたたえた。

アットコスメベストコスメアワード2022に登壇したアイスタイルの吉松徹郎社長
アットコスメベストコスメアワード2022に登壇したアイスタイルの吉松徹郎社長

トップ10にはコロナ禍で落ち込んだアイテムが返り咲き

2位以降は、コロナ禍で落ち込みを見せたリキッドファンデーションや口紅、チークが復活した。

ランキングは、次のとおり。

第2位 ディオール/ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第2位 ディオール ディオールスキンフォーエヴァーフルイドグロウ

第3位 アディクション/アディクション ザ ブラッシュ ニュアンサー

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第3位 アディクション アディクションザブラッシュニュアンサー

第4位 マキアージュ/ドラマティックエッセンスリキッド

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第4位 マキアージュ ドラマティックエッセンスリキッド

第5位 KANEBO/カネボウ ヴェイル オブ デイ

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第5位 KANEBO カネボウヴェイルオブデイ

第6位 コスメデコルテ イドラクラリティ/薬用トリートメント エッセンス ウォーター

第7位 イヴ・サンローラン/ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第7位 イヴ・サンローラン ルージュヴォリュプテキャンディグレーズ

第8位 rom&nd/ロムアンド ハンオールフィックスマスカラ

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第8位 rom&nd ロムアンドハンオールフィックスマスカラ

第9位 キャンメイク/マシュマロフィニッシュパウダー~Abloom~

アイスタイル @COSMEベストコスメアワード2022 第9位 キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー~Abloom~

第10位 ラ ロッシュ ポゼ/UVイデア XL プロテクショントーンアップ クリア

きたるべき日常生活への「リハビリ」期

2位に入ったディオールの美容液ベースのリキッドファンデーションや、3位となったアディクションの手持ちアイテムと組み合わせるチーク、7位のイヴ・サンローランの色味のないカラーの口紅など、微妙なニュアンスの変化を楽しむアイテムが複数ランクイン。

アットコスメのユーザーアンケートでは、約5割が「(見た目や印象のために)マスクを外したくないと思うことがある」、4割弱が「メイクの仕方が古い、似合っていないのではないかと不安に感じることがある」と回答している。

また、メイクや髪型を変えたことを周囲から指摘されたらうれしいか、それとも恥ずかしいと思うかを聴取したところ、4割弱が「メイクが濃い/しっかりメイクなこと」を周囲から指摘されることは恥ずかしいと答えた。

これらの結果からも、2022年上半期は一気にコロナ禍前のようなスキンケア・メイクに戻るのではなく、じょじょに元の日常生活にシフトしていく、いわば「リハビリ」期であるといえそうだ。

「アイスタイル」の記事をもっと読む

文/杉野碧

Salon.EC(サロンドットイーシー)の広告バナー長方形(記事下広告/AD)
AD(Salon.EC)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top