アイラッシュ施術者を「日本標準職業分類」へ 総務省アンケート

経営・業界動向

「アイラッシュ施術者」が、日本標準職業分類の追加候補にあがっている。

総務省では、2023年1月30日まで日本標準職業分類を改定するためのアンケートを実施中。

このアンケート結果は、アイラッシュ施術者が日本標準職業分類に追加されるか否かを判断する重要な資料になる。

アイラッシュ施術者を「日本標準職業分類」へ 総務省アンケート

2009年以来の改正

「日本標準職業分類」は、個人が従事している仕事の類似性に着目して職業を区分し、それを体系的に分類したもの。現在の日本標準職業分類は、2009年に作成された。

今回、アイラッシュ施術者は、「分類コードE」のサービス職業従事者の小分類に追加する対象として候補にあがっている。

アイラッシュ施術者の社会的地位向上へ

アンケートは、経済社会情勢などの変化を踏まえた改正の必要性を整理することが目的。総務省の依頼を受け、矢野経済研究所が実施している。

アイラッシュ施術者の職業を、総務省の職業分類に新たに記載するか否かが判断される非常に重要な今回のアンケート。

日本標準職業分類に追加されれば、アイラッシュ施術者の認知度や社会的地位の向上にもつながり、業界のさらなる発展のため絶好の機会になる。

アンケート締切は1月30日

アンケートの回答期限は、2023年1月30日(月)。

設問は、「美容関連サービスの店舗」に関する17問で、まつ毛エクステンションの職に従事している人であれば、簡単に答えられる内容となっている。

なお、個人名および店舗名が特定されることはない。匿名での回答も可能。

総務省実施「美容関連サービス職アンケート」

編集/杉野碧 文/大江きさき

NOBUさん時短セミナー
【先着順】NOBU流ニューベーシックセミナー(2/14開催)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top