全理連、2025年ヘアトレンドは「UNDERSTAND」 若者文化やアートを“理解”

セミナー・イベント
全理連、2025年ヘアトレンドは「UNDERSTAND」 若者文化やアートを“理解”

若年層に響くヘアトレンドとして提案する「UNDERSTAND」

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)中央講師会は2024年7月3日、「Hair Creation(ヘアクリエーション)2025」を開催した。

2025年のヘアトレンドとして、英語で「理解する」や「わかる」を意味する「UNDERSTAND(アンダースタンド)」を発表した。

2024.07.11更新(2024.07.09公開)

若者文化やアートに共感し理解する

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)中央講師会が開催する「Hair Creation 2025」で発表されたヘアトレンドのテーマは「UNDERSTAND」
大勢の参加者たちがモデルの間近に迫り、スマートフォンで写真を収めていた

1974年(昭和49年)にスタートした「全理連ニューヘア」の流れをくむ「ヘアクリエーション」。

2022年より「ヘアクリエーション ラ・セゾン」として開催していたが、今年から「ラ・セゾン」が取れた。会場も、東京・高田馬場のアリミノホールに移った。

この日に発表された「UNDERSTAND」は、多様性のある若者の文化を理解し、共感・共有することを目指して名づけられたという。

全理連・中央講師会の幹部メンバー(全国理容生活衛生同業組合連合会)

>> ヘアクリエーションとは?

ユースカルチャーに興味のある若年層へ訴求

「UNDERSTAND」のヘアスタイルの特徴は、次の4つ。

◯ ロック&ユースカルチャーをテーマとした若い世代に好まれるヘアデザイン

◯ スクリューパーマ(スクパー)を取り入れた新しいパーマスタイル

◯ 日本人の黒髪を生かすヘアカラー

◯ 男性・女性とも春夏・秋冬の2つのヘアデザイン

メインターゲットは、ファッションや音楽などのユースカルチャー(若者文化)に興味のある高校生や専門学生、大学生。

若年層に焦点をあてたうえでさらに、ユースカルチャーに興味のある若者にしぼることでエッジの効いたトレンドヘアをデザインした。

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)中央講師会が開催する「ヘアクリエイション2025」で挨拶する木下裕章幹事長
テーマを解説する木下裕章幹事長

>>  「カルチャーに興味のある若者へ」 新たな理容文化の普及目指す全理連・木下幹事長

スクリューパーマを取り入れた新スタイル

「UNDERSTAND」のデザインの要であるスクリューパーマは、根元を立ち上げてらせん状に巻くことで独特のウェーブ感を出す技術。

今年の秋冬(AW)スタイルとしては、全体にレイヤーを入れた丸みのあるマッシュウルフにスクリューパーマを合わせたデザインを提案した。

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)の中央講師会は7月3日、「Hair Creation 2025」を開催した。 2025年のヘアスタイルとして、英語で「理解する」や「わかる」を意味する「UNDERSTAND(アンダースタンド)」を発表した。
長めの髪にスクリューパーマをかけたボリューミーな秋冬スタイル

「従来の床屋というイメージにはないくらい、長さを出したデザイン」といい、若い女性も取り入れやすいヘアスタイルとなっている。

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)の中央講師会は7月3日、「Hair Creation 2025」を開催した。 2025年のヘアスタイルとして、英語で「理解する」や「わかる」を意味する「UNDERSTAND(アンダースタンド)」を発表した。
すっきりとした印象の春夏スタイル

春夏(SS)スタイルは、髪の長さはやや短く、軽い印象に仕上げている。日本人の黒髪を生かすヘアカラーとして、秋冬と同じくハイライトを入れた。

「UNDERSTAND」スタイルを実演

会場には、全国から中央講師会のメンバー、全理連の各都道府県組合の教育部長が集い、「UNDERSTAND」の実演を熱心に見守った。

今後、それぞれの地域で組合員に技術指導を行い、全国の理容室に普及させる。

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)の中央講師会は7月3日、「Hair Creation 2025」を開催した。 2025年のヘアスタイルとして、英語で「理解する」や「わかる」を意味する「UNDERSTAND(アンダースタンド)」を発表した。
AWのステージ。前から鷲尾勉氏(新潟県組合)、丸山一樹氏(東京都組合)、野寄交右氏(静岡県組合)
全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)中央講師会が開催する「Hair Creation 2025」で発表されたヘアトレンドのテーマは「UNDERSTAND」
SSのステージ。前から坂元久文氏(福岡県組合)、松下香苗氏(神奈川県組合)、松原智哉氏(兵庫県組合)

発表会終了後は、会場を移して、さらに詳細な実技研修会が行われた。また、YouTubeチャンネルで、動画も公開している。

秋冬スタイル

春夏スタイル

■ あわせて読みたい

全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)中央講師会が開催する「ヘアクリエイション2025」で挨拶する木下裕章幹事長

>>  「カルチャーに興味のある若者へ」 新たな理容文化の普及目指す全理連・木下幹事長

>> 夢に向かって舞い上がれ! 全理連の2024年ヘアトレンドは「Soar」

>> 理容界のシンクタンク 全理連中央講師会のニュース(2024年最新版)

>> 全理連、大森利夫理事長が7選

編集・文/大徳明子、岡田真麻 撮影/高橋成自

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top