美容室経営者・美容師が日本政策金融公庫・国民生活事業の借入を申し込む際の必要書類

2020.03.12

卒業式・イベントの中止や外出を控える人が増えている影響で、今月は客足が鈍っているという美容室は少なくないと思います。

資金繰りに不安のある方は、早めに融資を申し込むことをおすすめします。

すでに金融機関の窓口は問い合わせが増えているようです。

少しでもスムーズに進むよう、美容室経営者や個人事業主の美容師さんが融資を受ける際にどのような書類が必要になるのか、日本政策金融公庫の生活衛生融資部に問い合わせたところ、下記の資料を作成してくださいました。どうぞ、ご活用ください。

日本政策金融公庫は、財務省所管の政策金融機関のため、金利も安く安心です。

日本政策金融公庫を美容師・美容室が利用する際の書類

【この記事を読んだ方にオススメ】

政府の新型コロナウイルス緊急対応策・第2弾として、無利子・無担保の融資制度ができました。

関連記事【無利子・無担保の融資制度】法人の美容室も、個人事業主も、フリーランス美容師も無利子無担保融資(新型コロナウイルス対策)

 

経産省は、中小企業者に対する資金繰り支援措置である「セーフティネット保証」「危機関連保証」を発動しました。

関連記事中小企業支援「セーフティネット」5号に316業種追加で理容業・美容業も対象に。危機関連保証を初発動

政策金融機関に比べると金利は高くなりますが「当座の資金繰りが苦しい」「いま現金が必要なのに待てない」という方は、最短で翌日の融資もあります。

関連記事小規模サロンが借りやすい!スマホから申し込んで翌日融資OKのオンライン融資「LENDY」

 

◆この記事を読んだ方におすすめ◆

関連記事開業1年目の美容室は? 新規出店で売上増だと? 新型コロナ対応融資について日本政策金融公庫に聞きました日本政策金融公庫の新型コロナウイルス関連融資のヒアリング

関連記事厚労省が新型コロナ関連の小学校休業等対応助成金・支援金申請の受付開始

ビュートピアのLINE※ビュートピアのおすすめ記事をお届けします


関連記事

新着記事

PickUP

soeasy SAN&MONI(サンモニ)
soeasy SAN&MONI(サンモニ)