SAFETY破綻の噂は間違い!新会社セフティでロングセラーブランドを継承・強化

速報


セフティ

昨日から、一部の美容業界関係者の間で「SAFETYが倒産?」という噂が流れていました。

SAFETYといえば毛髪化粧品の老舗ブランド。

驚いた方もいらっしゃるかと思いますが、結論から申し上げると「SAFETYブランドは新製品も発売し順調」です!

旧会社セフテイから新会社セフティへ事業譲渡

発端となったのは、企業信用調査などを手がける東京経済株式会社運営の「東京経済ニュース」に掲載された、こちらの記事

株式会社セフテイ(東京都目黒区/代表者:川之上学)が負債総額10億円内外で破産手続を開始というもの。

東京経済ニュース(セフテイ)

実は、SAFETYブランドは、2019年9月2日付で、株式会社セフテイから株式会社セフティへ事業譲渡されています。

大きな「イ」か小さな「ィ」かの違いだけなので間違えやすいのですが、今回、破産手続きを開始したのは、SAFETYを手放した旧会社のセフテイです。

SAFETYブランドは、株式会社セフティ(神奈川県川崎市/代表取締役:山田哲也)の経営下で順調に推移しています。

SAFETYブランドが無くなったり、買えなくなったりするわけではありませんので、ご安心ください。

新社長はシステム開発会社の創業者

新会社である株式会社セフティの代表を務める山田哲也氏は、ASPサービスなどを手がけるシステム開発会社タキオンの創業社長。

「なんだ、金のあるIT企業による買収か」と思う方もいるかもしれませんが、タキオンのHPに掲載されている社長挨拶からは、人を大切にする企業だということが伝わってきます。

「企業は人なり、人は最大の経営資源」を信条に〝時代に即したライフスタイルカンパニー〟を目指す会社は、美容業界と相性がいいのではないでしょうか。

(ご参考)タキオンHP「社長挨拶」

ロングセラーブランドを継承・強化

1930年創業の老舗が抱えていた毛髪化粧品・美容器具類の製造販売事業は、新セフティへと事業譲渡され、ロングセラーブランドが無事に引き継がれています

新体制になったことで、ブランド強化の動きも活発化。

例えば、スキャルプケアブランド『SAN&MONI(サンモニ)』は、SAFETYが長年にわたり研究してきた〝生コラーゲン〟を全アイテムに配合し、ラインナップ、処方、パッケージをフルリニューアルして新生『SAN&MONI』へと生まれ変わりました。

関連記事セフティから新『サンモニ』登場!全品「生コラーゲン」配合!大人の髪と頭皮のためのスキャルプケア『SAN&MONI』SAN&MONI(サンモニ)

SAN&MONIは、薬用育毛剤「SAN&MONI スキャルプエッセンス」が今年新たに加わったばかり。

新体制下で、魅力を増しているSAN&MONIは注目です!

(ご参考)SAN&MONI スキャルプエッセンス(2020年1月20日発売)

 


この記事のタグ

# セフティ

関連記事

新着記事

PickUP

soeasy SAN&MONI(サンモニ)
soeasy SAN&MONI(サンモニ)