「都道府県別・美容サロン利用金額ランキング」  圏外からの東京大躍進&注目の北陸エリア

経営・業界動向

ホットペッパービューティーアカデミーが7月に発表した「【都道府県別】 20代・30代女性の美容意識・実態調査2021」(調査実施2021年2~3月)から、都道府県別に見た美容サロン利用の特徴を解説します。

 

文・作表 田中 公子(ホットペッパービューティーアカデミー研究員)

「都道府県別・美容サロン利用金額ランキング」  圏外からの東京大躍進&注目の北陸エリア

①美容サロンの3カ月あたりの平均利用金額、1位は「東京都」

美容室の売上高「都道府県別・美容サロン利用金額ランキング」

美容サロン(美容室、ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロン、アイビューティーサロン)の3カ月あたりの平均利用金額を調べると、1位は東京都の7,656円、2位は愛知県の7,555円です。

都道府県別調査は今年で2回目(1回目は2020年2月に調査)ですが、実は東京都は昨年(コロナが本格化する前)の調査では13位。トップ10圏外だったのです。美容サロン利用金額自体も6,551円から増加しました。

東京都でコロナ禍に一気にサロン利用金額が上昇し、順位を上げた背景には何があったのでしょうか?

②各美容サロンの利用率は「東京都」がほぼ1位!

美容室の売上高「都道府県別・美容サロン利用金額ランキング」

美容サロンの利用率(年1回以上の利用)では、「ネイル」「エステ(ボディ/痩身)」「リラクゼーション(着衣・脱衣)」「アイビューティー」の利用率1位を東京都が独占しました。多様なサロン使いが、美容サロン利用金額を押し上げていると考えられます。

なお、「ネイル」は昨年も東京都の利用が1位だったのですが、「エステ(ボディ/痩身)」「リラクゼーション(着衣)」「アイビューティー」の利用率が1位になるのは今回が初めて。コロナ禍の東京都で美容サロン利用が今年非常に進んだことが分かります。

背景には、コロナ禍で美容サロン利用が「レジャー等の代替」に利用されるようになったと聞いており、コロナ禍の影響も大きそうだと考えます。

③美容室の年間利用金額、全国1位は「愛知県」

美容室の売上高「都道府県別・美容サロン利用金額ランキング」

続いて、美容室の利用者の「年間利用金額」(年間利用回数×1回あたりの利用単価で算出)を見てみましょう。全国1位は愛知県の3万4,432円でした。美容サロン利用金額で1位だった東京都も5位と高いです。

それでは愛知県の美容室利用の特徴を見てみましょう。

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top