ジャカルタで美容室2店舗を経営。坂手遼治、オンリーワンの生き方

海外で活躍する美容師インタビュー


ジャカルタで美容室2店舗を経営。坂手遼治、オンリーワンの生き方

日本の約5倍の国土に2倍の人口を抱えるインドネシア。首都ジャカルタはASEANの本部もある経済の中心地。東京に次ぐ世界第2位の人口密度の大都市で、若年層が多く、活気にあふれています。

日本、ロンドン、ニューヨークのサロンで経験を積んだ坂手遼治さんが店を構えたのは、そんなジャカルタの南部、インドネシアの代官山と呼ばれるスノパティ通りでした。

今年4月で「HAIR LOUNGE Ryoji Sakate(ヘアラウンジ リョウジ・サカテ)」1号店が4年目を迎え、4月20日に2号店を出店した坂手さんに、その道のりと海外で美容室を経営するということについて聞きました。

 

美容師になること、海外に行くことは1セットで始まった

── 海外に行きたいと思ったのは、いつごろからですか?

ロンドンへの漠然とした憧れがあって、中学生のころから「トレインスポッティング」や「リトル・ダンサー」なんかのイギリス映画を観ていました。ブリティッシュロックやファッションが好きでしたね。

海外に行くと言い出したのは高校生になったころ、夢見がちなころです(笑) 大学では経営学か心理学を学びたいと思っていました。

 

── そこに思わぬ転機が訪れます。

高校1年生、16歳の時に父親が亡くなりました。

進学校だったので1年生から進路相談があるのですが、父親が亡くなってから日も浅くて母親は来られず、先生と2人での面談でした。

進路を変えないといけないかなと思い「専門学校に行きます」と言ったんですが、何がやりたいとかなかったので何の専門学校にするかは考えていなくて。そうしたら先生が「美容師なら、海外で活躍している人もいるよ」と。

たぶん、美容師になって海外に行った教え子がいたんじゃないかと思います。いい先生でした。それが、僕が美容師を目指したきっかけです。

ジャカルタの美容室経営者・坂手遼治インタビュー

「中学生のころからロンドンへの漠然とした憧れがありました」

 

── 坂手さんにとって、美容師になることと海外に行くことは一緒にスタートした夢だったのですね。

最初はワンセットでしたね。でも20歳で大阪から東京に出て、南青山のヘアサロンで働き始めた時には、海外に行くというのはもう頭にありませんでした。夢見がちな高校生のころと違って「実際、海外なんて行けないでしょ。そんな簡単じゃない」と思うようになっていました。

でも・・・東京で遊んでいると英語をしゃべれる人が多くて、悔しいと思うことも。そんな時、事故で足を骨折して入院したんです。

 

── 東京に出て3年目、スタイリストデビュー目前のことでした。

すでにジュニアサロンではお客さんのカットを、本店でもモデルカットをしている段階でした。

退院後は足を引きずりながら意地で店頭に立ったのですが、半日で、ゾウの脚みたいに腫れ上がって。このまま朝から晩まで立ち仕事をしていたら一生足が治らないと思い、店を辞めました。

そのころ、ちょうど仲のいい友達がロンドンに語学留学するというので、自分も行くことにしたんです。正式にスタイリストデビューする前でしたが、青山のサロンは要求水準が高く、他の地域ならスタイリストとして通用する腕になっているという自信はあったので。

父親の死がなかったら、ケガで店を辞めていなかったら、今の自分にはなっていませんでした。そう思うと、この二つが人生のターニングポイントでしたね。

 

ロンドン、そしてニューヨークへ

 
ロンドンとニューヨーク

世界の美容やファッションをリードする街、ロンドンとニューヨーク

 

── ロンドンでは語学学校に通いながら、日本人オーナーのサロンで働いたそうですね。

朝8時から学校で学び、12時から19時、20時くらいまでサロンで働くという毎日でした。

日系サロンですが顧客のほとんどはイギリス人。価格が安く、30分でお客さんを1人で仕上げるような回転重視の店だったのでハードでした。

まだ英語が話せないと伝えているのに「電話出て!」と言われるので、見よう見まねでこなすしかなかった。スパルタでしたね。ロンドンで3年働きましたが「これだけ英語が話せる美容師はそうそういない」と思えるくらい英語力がつきました。

英語力っていうのは話す方です。語学学校は面談でスピーキング、エッセイで文章力を見てクラスが上がるのですが、エッセイが話し言葉で書かれていると言われたりして昇級できませんでした(笑)

 

── ロンドンで3年を過ごし、ビザを取るため2010年に一時帰国。そこからニューヨークに向かったそうですが。

ワーキング・ホリデーが人気で、2カ月経ってもビザが取れなくて。その間、業務委託サロンでフリーランス美容師として働いていたのですが、同僚にニューヨーク帰りの人がいて勧められました。

「ニューヨーク楽しいよ」と言われても全然興味なかったのですが、ロンドンには戻れないし、日本に居る気にもならなかったので、じゃあ行くかと。

坂手遼治、オンリーワンの生き方

「ニューヨークは想像の100倍おもしろい街だった」という坂手さん。カット料金の20%引き上げに挑戦

 

── 縁もゆかりもない海外の街へ行くことに不安はありませんでしたか?

当時はびっくりするくらい自信満々だったので。英語を話せるし、技術的には即戦力なのでお客さんが付くという自信があり、何も心配しませんでした。

でも最初に行った店の面接には落ちました。たぶん、生意気そうに見えたんだと思います(笑)

その後はすぐに決まり、ニューヨークに着いて1週間で働き始めました。ロンドンの時と同じく日系サロンでしたが、お客さんはアメリカ人です。ニューヨークは、行ってみたら想像の100倍おもしろい街でしたね。文化があって、衣食住それぞれに置く価値のバランスがいいんですよ。

 

── ニューヨークでは新店のオープンを手がけたそうですね。

3年目を迎え、この街で独立しようと思い始めたころ、店を拡張移転するという話が出ました。経営に必要な実験ができるチャンスだと思い、手を挙げたんです。

それでカット料金を20%上げました。

高級店ではない普通の白人系サロンが80~100ドルなのに対し、僕が働いていた店は50ドル。相場で考えたら絶対安い。たとえ値上げでお客さんが多少減っても売り上げは維持できる。結構もめましたが「絶対、大丈夫です」と押し切りました。

経験の浅いスタイリストは50ドル、ベテランは65~80ドルと幅を持たせて全体で2割の値上げを実行。結果、新しいお客さんも増え、僕が辞めるころには売り上げが以前の1.5倍になっていました。この経験があるので、僕は値上げすることに対してそれほど悩みません。

 

突然のジャカルタへの誘い

── 手ごたえを得て、いよいよ独立の準備です。

ここでまたビザの問題が起きました。

ビザには種類があるのですが、就労する上で持ちたいビザは、1000万円を目安に投資して会社を設立しないと取得できない。サロンの内装費用なども含めての金額ですが、とても用意できないし借りられる当てもない。

とりあえず日本に帰ろうと思っていた時、知人から「ジャカルタに興味ない?」と電話がありました。

 

── それはまた突然の誘いですね。その知人というのは?

実はロンドンから一時帰国していたころ、恵比寿のシェアハウスに住んでいたのですが、その時の仲間です。シェアハウスが走りのころで、安いからではなく、シェアハウスというものに興味のある人が集まっていました。

実際、賃料は高かったですし、寮みたいに大きなところでした。当時の入居者からは、シェアリングエコノミーの有識者、一風変わったホテルの仕掛け人など、今では“時の人”になっているメンバーが出ています。広告代理店やIT企業の人もたくさんいました。その仲間たち数人でジャカルタを視察しようという話になったわけです。

 

── シェアハウスで知り合った皆さんは、なぜジャカルタに関心を持ったのですか?

ジャカルタには、大きなポテンシャルがあります。

インドネシアには2億5000万人以上の人がいて若い世代が多い。経済も毎年、GDP成長率5%以上で発展している。少子高齢化や人口減が進み、経済が停滞している日本とは対照的です。おもしろそうだと思いました。

ビザが切れるタイミングで店を辞めることにし、帰国後、速攻でジャカルタに視察に行きました。

ASEANの本部もあるジャカルタは、東京に次ぐ世界第2位の人口密度の大都市

ASEANの本部もあるジャカルタは、東京に次ぐ世界第2位の人口密度の大都市

 

── ロンドンやニューヨークで働くサロンを探したときと違い、今度は坂手さんが自分のお店をつくり、ビジネスを始めるための視察です。

最初は軽い気持ちで行ったんです。ノリの塊でした(笑) でも初回の3週間の視察で偶然の出会いが重なり、場所やパートナーなど話がどんどん進んだんです。

ふらりと入ったバーの内装がかっこよかったので「マネージャーと話をさせてもらえる?」と声をかけたら、その人がオーナーだったり。

「空き物件があってテナントを募集しているけど見るか?」と言われ、その物件というか廃墟みたいなところをバー風に改装したのが1号店です。視察1週間目の出来事でした。

また、信頼できるパートナーを見つけることが大事なのですが、日本人と結婚したというインドネシア人男性と出会い、彼が起業のパートナーになりました。

 

右肩上がりに成長、4年で2店舗を出店

── 知り合いもいなければコネもない土地で、坂手さんの飛びこむ力、引き寄せる力はすごいですね。

店の施工は大変でしたけどね。1カ月で出来ると言われましたが4カ月弱かかりました。店は営業できないのに家賃だけ発生している状態なのでたまらないですよ。

「雨が降ったから今日は作業できない」と当然のように言われても、内装工事でどうして雨が関係あるのかと。でも怒っても進まないので。店が完成しないまま、ここではやっていけないと撤退した人もいます。

2号店については様々なトラブルが想定内なので「あれはどうなっている?」とこまめに聞いて、フォローアップを徹底しました。まだ完全なオープンではありませんが、4月20日にソフトオープンしたところです。

バーをイメージした美容室

バーをイメージしてカウンターを入れた1号店

ジャカルタの美容室「HAIR LOUNGE Ryoji Sakate(ヘアラウンジ リョウジ・サカテ)」1号店

1号店はメインフロアと別館を合わせてシャンプー台が5台、セット面が8席

 

── サロンの規模や雰囲気は?

1号店は中華料理店が入っているビルの2階にオープンしました。1フロアで広いわけではなく、メインのフロアと別館があるような構造です。黒と白を基調としたシンプルな作りで、バーをイメージしたカウンターがインテリアの中心です。

シャンプー台がメインフロア3台と別館2台の計5台。セット面がメインフロア5席と別館3席の計8席。

2号店は、1号店からほど近い、ネイルサロンの居抜き物件で、施工費は1号店の10分の1で済みました。こちらはシャンプー台が2台にセット面が4席。1号店のようなバー風ではないのですが、2店舗ともインダストリアルデザインでそろえました。

スタッフは全部で10人いるのですが、日本人は僕ともう1人だけ。2号店には、僕やスタッフが順に出ています。

「HAIR LOUNGE Ryoji Sakate(ヘアラウンジ リョウジ・サカテ)」2号店

2号店はネイルサロンの居抜き物件。1号店と同じくインダストリアルデザインに

 

── ご自身にとって初のサロンを海外で持ち、4年で2店舗目を出店と順調ですね。

1号店はオープンから3~4カ月で単月黒字を達成しました。インドネシアはSNSが盛んなのですが、Facebookに広告機能がついたころです。SNS広告の活用や日々の情報発信を続け、いまは口コミだけで集客できています。

年商は毎年5~10%伸びていて、3年目も前年比10%増くらいで着地。今年は、仕事始めの日に去年の売り上げ最高日を超えました。

 

富裕層は1000万人! ジャカルタのポテンシャル

ジャカルタの美容室経営者・坂手遼治インタビュー

「インドネシアの富裕層は1000万人。ポテンシャルはとても大きい」

 

── ジャカルタには日系の美容室はどのくらいあるのですか?

6社ですね。このうち2社はそれぞれ5店舗を展開。うちも含めた3社がそれぞれ2店舗で、1社が単店です。

これ以外に、日本人向けに絞っていた美容室で撤退したところもありますが、現在ある日系の美容室の中では、うちは3番目に始めています。

 

── インドネシアは9割近くの人がムスリム。女性はヒジャブという布をかぶっていますが、髪へのニーズに影響は?

うちのサロンはパーマもヘアカラーもメニューにあります。やはりカットだけの方が多いですが、パーマやヘアカラーをされる方は、客単価3万円、4万円のお客さんです。

顧客の8割はインドネシア人で、日本人が1割、その他が1割。平均客単価は日本円で8000円程度、4月から僕のカット料金を上げました。この価格設定は、ジャカルタで10番目あたりです。

 

── 国内の経済格差が大きいと聞きますが。

インドネシアの富裕層は1000万人。その1%が顧客になりうる人たちだと言われています。1%というのは10万人です。富裕層向けというと絞った市場のように思われるかもしれませんが、ポテンシャルはとても大きいです。

中間所得層の人口も増えています。うちの顧客はほとんどが富裕層ですが、中間所得層からも「家族からの誕生日プレゼントで」などの来店がありますよ。

サロン自体、富裕層が通う場所になっていますが、500円程度でシャンプー&ブローが受けられるところもあるので、そうした店には中間所得層も通っていますね。

 

ジャカルタの美容室経営事情

海外で活躍する美容師インタビュー・坂手遼治

「ロンドンで英語力、ニューヨークで多様性、ジャカルタでは忍耐力とサバイバル力を得ました」

 

── ジャカルタでサロンを経営する上で大変なことはありますか?

主張するのが当たり前という社会なので、スタッフがとにかく何でも交渉してきますね。意見を戦わせる時、ロンドンやニューヨークなら論破できるのですが、ジャカルタだと合理性よりも感情の方が強いのでムリ。妥協点を探るしかないです。

それぞれの国で得たものを挙げるなら、ロンドンは英語力でした。ニューヨークは多様性ですね、幅が広がりました。そしてジャカルタは忍耐力とサバイバル力。いい意味であきらめがよくなりました。受け入れる力というのかな、許容力が増えたと思います。

 

── スタッフの採用や教育については。

インドネシアには美容師の資格がなく美容専門学校もないので、アシスタントは経験ゼロで入ってきます。採用に苦労するというより定着しないのが問題ですね。採用したけれど初日から来なかったとか1週間でいなくなったとかはざらです。

もう今は、アシスタントは面接していません。何も知らない、何もできない状態で入ってくるので、技術をテストすることもありませんし。希望者はとりあえず1日だけ体験入店してもらい、人柄に問題がなければ即採用です。

スタイリストへのカリキュラムとしては、週に3回練習して2年くらいです。定着してから辞めたのは、独立したオープニングスタッフの1人だけですね。

 

── 美容師の給与水準は、他の職業と比べてどうなのでしょう?

高くはないですね。アシスタントは最低賃金でのスタートです。ただ給与と別にチップを受け取っていますし、スタイリストになれば歩合制なので、頑張り次第では大卒の給料を軽く越えます。

うちの店では、20代半ばの女性がシニアスタイリストになり、最年長のスタッフの3倍稼いでいます。彼女は、目標設定を次々超えてくるので、そのたび給与を上げています。出来る人はむくわれるという成果報酬型です。いいロールモデルになっています。

 

海外に挑戦するということ

ジャカルタで活躍する美容師・坂手遼治さん

「一歩外に出てみることで見える景色がある」

 

── 日本とは異なる事情がとても興味深いです。

日本では美容室の競合が多いので経営が厳しかったり、スタッフの採用に苦労したりしていますよね。ジャカルタでは日本のようにいかないこともありますが、そういう難しさはない。

海外に行くのはハードルが高いと思われがちですが、ハードルなんて海外でなくてもどこにでもあるものです。海外だから大変ということは思うほどないですよ。

 

── 海外に行く美容師さんはいますが、さまざまな国を渡り歩く人はなかなかいません。

僕は勉強もスポーツもそれなりに出来たけど一番にはなれなかった。そういう器用貧乏なところがコンプレックスでした。30歳を過ぎて「一番は狙えない。でも他にない経験をしてきた人になろう」と頭を切り替えたんです。

ヨーロッパ、アメリカ、日本、インドネシアで働いてきた美容師は世界で一人です。これは自分のブランディングになっています。

英語を話せることは力になりましたが、それだけなら他にもいます。もうひとつ、アジアを知っているということが加われば、それは自分だけの価値。地味なオンリーワンですが、本当にオンリーワンです。

成長するアジアで美容室を経営するというのは日本からだと現実感がないのもあって、この価値がなかなか伝わらないんですけどね(笑)

 

── ASEANの主要国であり、人口が世界4位でなおも増え続け、経済成長が続くインドネシアは、これからの時代に注目される国です。海外に挑戦したい美容師さんにメッセージをお願いします。

昔は経験を積んでからと言われていましたが、海外に出たいなら20代のうちにワーキング・ホリデーで経験するのもいいし、美容学校を卒業してすぐ海外に渡ったっていいと思います。

一生この国に住むぞと決意して来ても日本に帰る人はいますが、その経験が帰国後のビジネスに活きたりもします。

ハードルなんて日本でも海外でもどこにだってあります。不安なことはたくさんあると思いますが、まずは出てみてほしい。いま思っているより難しいことではありません。

僕が伝えたいのは、一歩外に出てみることで見える景色があるということ、やりたいことはやった方がいいということです。

 

「HAIR LOUNGE Ryoji Sakate(ヘアラウンジ リョウジ・サカテ)」1号店

HAIR LOUNGE Ryoji Sakate(ヘアラウンジ リョウジ・サカテ)
http://www.ryojisakate.com/

坂手遼治(さかて・りょうじ)
大阪府出身。20歳で上京し、南青山の美容室で3年務めた後、ロンドンへ語学留学。留学中、ロンドンのサロンで3年間働き、一時帰国後に渡米。ニューヨークのサロンで3年働いて帰国。2015年4月、インドネシア・ジャカルタに「HAIR LOUNGE Ryoji Sakate」1号店をオープン。毎年業績を伸ばし、2019年4月に2号店を出店。

 

◆セミナー情報◆
6月11日(火)に東京・渋谷で開催される「美容サロン様向け 海外進出セミナー」に坂手遼治さんが登壇します。
ASEANおよび台湾で活躍している美容サロン経営者のリアルな成功体験を聞けるチャンスです!
お申し込み(無料)はこちらから

 


関連記事

新着記事

PR