TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント

特集・インタビュー

“飲むプラセンタ”を銀座駅構内の店舗で提供する「TOKYO PLACENTA 20㏄(トウキョウプラセンタ 20シーシー)」。60年以上にわたって美容成分を研究してきた原料メーカー発の「インテンスプラセンタ」とは?

一丸ファルコスの営業開発室室長である堀道政さんに、その魅力を聞きました。

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント

愛をこめて語るのは、この方!

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント (担当者が語る)

堀 道政(ほり・みちまさ)さん

一丸ファルコス 営業開発室 室長

「一丸ファルコス入社後、開発部研究開発課で30年以上、健康食品や化粧品の原料を研究・開発してきました。会社として多くの原料を取り扱っていますが、最終的に良い原料はお客さまが決めると感じています。

一丸ファルコスの1000種類近くの原料の中でも、プラセンタエキスは長年にわたりもっとも多くの数量が販売されてきました。現在も改良を重ね、よりよい原料となるよう努力しています」

TOKYO PLACENTA 20㏄」とは

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント (担当者が語る)

── 「TOKYO PLACENTA 20㏄はどんなブランドですか?

美容成分を60年以上にわたって研究してきた化粧品・健康食品の原料メーカー、一丸ファルコスから誕生した「飲むプラセンタ」を提供する直営ブランドです。

世界でも初の「給液スタンド」として、銀座駅構内に、飲むプラセンタを提供するお店を構えています。時間がなくても、手軽にプラセンタが「給液」でき、快適な毎日をサポートします。より多くの方々の毎日が、素晴らしいものになることを願っています。

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント (担当者が語る)

担当者のイチオシ「インテンスプラセンタ

おすすめポイント

■ 若々しくハリのある明日を迎えたい方、加齢が気になる方に!

■ 豊富な栄養成分を含んでいるので、ヘトヘトの毎日を乗り越えたい方、活力が欲しい方にぴったり

■ 美容が気になる方やお酒を飲む方にもおすすめ

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント (担当者が語る)

おすすめ製品の特徴

── いつ発売されたのですか?

2021年10月に店舗が仮オープンした際に発売しました。

── メインユーザーはどのような方でしょうか?

店舗のお客さまは、美容・健康に対して意識の高い女性が多いと思います。リピーターのお客さまが多いのが特徴です。

── インテンスプラセンタはどんな製品ですか?

JHFA(日本健康・栄養食品協会)認定原料を使用した高純度プラセンタ「iP-Placenta」の原液です。

自律神経が乱れがちで、疲労が抜けないと悩む人が多い現代において、ひとつで何役もこなすプラセンタは、まさに「万能成分」です。免疫機能強化などの効果も期待できるので防御手段として取り入れたい! そんな思いを叶えるべく開発しました。

製造工程を改良し、徹底的に精製して特有の香りを除去。「ヒートショック製法」で抽出され、機能成分はそのままに、飲みやすくなっています。20㏄あたり約2000㎎のプラセンタ成分を含有しています。

── ウマ」と「ブタ」2種類があるのですね。

はい。適正に農場で飼育された健康な豚、および馬の満期出産時に得られる胎盤から、特殊な製法で抽出されたエキスを使用しています。

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント (担当者が語る)

インテンスプラセンタのここが違う!

── 市場でのポジション、既存品との差別化ポイント、製品特徴を教えてください。

プラセンタは医薬品から食品までいろいろあります。原料メーカーのD2C事業として、プラセンタの品質と高濃度であること、コストパフォーマンスにこだわりました。

── 処方や配合成分のポイントを教えてください。

ブランドを運営しているのは美容成分を開発している原料メーカーです。栄養成分に詳しい開発担当者が、濃厚プラセンタ原液や店舗で提供するジュースを開発しています。

私のお気に入りポイント

── テクスチャーや香りはどんな感じですか?

プラセンタは本来、高濃度ではにおいが強く飲みにくいのですが、自社の技術で精製し、特有なにおいを抑えて飲みやすく開発しました。

高濃度プラセンタ原液はそのままでもお飲みいただけますが、ご自宅でお召し上がる場合は、野菜ジュース、フルーツジュースに入れていただけると、おいしくいただけます。また野菜ジュースに含まれるビタミン類のおかげで、プラセンタの吸収が良くなると考えています。

TOKYO PLACENTA 20cc・堀道政さんが語る 「インテンスプラセンタ」のおすすめポイント (担当者が語る)

── 堀さんのお気に入りポイントを教えてください。

本ブランドが提供するのは、高濃度のプラセンタ原液です。最新の技術で、多くの費用をかけて開発された高品質なプラセンタ製品となっています。

この高濃度プラセンタ原液は通常、健康食品ドリンクの原料として使用されるもので、一般には販売をしていません。店舗では、この高濃度プラセンタ原液を気軽に飲むことができます。

これからの展開

── 今後の展望をお聞かせください。

この冬、容量を少なくしたショートサイズが登場します。お求めやすい価格で、今よりも気軽にお試しいただけます。

また、冬季限定で「インテンスジュース 濃厚いちご」を12月23日より新発売します。プラセンタ原液にコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分、そして濃厚いちごとフランボワーズの果肉入りジュースをブレンド。冬にピッタリのビタミンたっぷりメニューです!

インテンスプラセンタ

インテンスプラセンタ ブタ

▽容量・価格=20ml・1,300円(税込)

インテンスプラセンタ ウマ

▽容量・価格=20ml・1,800円(税込)

「担当者が語るシリーズ」をもっと読む

編集/杉野碧

石渡智花氏セミナーの広告バナー長方形(記事下広告)
\11月8日(火)セミナー開催! お申込み受付中/

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top