資生堂、新年より新体制 藤原常務が社長昇格、魚谷社長は会長CEOに

経営・業界動向

資生堂は、藤原憲太郎常務が2023年1月1日付で社長に昇格すると発表した。魚谷雅彦社長は、代表権のある会長に就任する。

資生堂、新年より新体制 藤原常務が社長昇格、魚谷社長は会長CEOに

CEOは魚谷氏が続投

資生堂は11月10日に取締役会を開き、経営体制の一層の強化を目的とする社長人事を決議した。

氏名新役職現任
魚谷 雅彦代表取締役 会長 CEO代表取締役 社長 CEO
藤原 憲太郎社長 COO常務 中国事業担当

=敬称略=

最高経営責任者(CEO)は、現社長の魚谷氏のまま変わらない。藤原氏が社長と最高執行責任者(COO)を務める。

1月の就任時点では代表権をもたない社長となるが、 3月開催の定時株主総会での取締役選任決議を前提に、その後の取締役会において代表取締役に選任される予定。

藤原氏は新卒で資生堂に入社した生え抜きで、入社4年目にドイツに赴任して以来、海外部門を長く担当してきた。2011年の韓国資生堂社長を経て、18年には中国地域CEOに就任し、成長著しい中国事業を率いている。

新社長・藤原憲太郎氏の略歴

生年月日

1966年12月21日(56歳)

出身地

岡山県

学歴

1991年、香川大学大学院 農学部 農芸化学科を修了

職歴

1991年
資生堂に入社。広島支店へ配属

1994年
ドイツ駐在海外派遣員

1995年
国際事業本部ヨーロッパ担当

1999年
資生堂ヨーロッパ(パリ駐在)

2004年
資生堂ヨーロッパ欧州物流センター所長

2005年
本社経営企画部

2006年
国際事業部

2011年
韓国資生堂取締役社長

2013年
資生堂プロフェッショナル韓国取締役社長

2015年
(株)資生堂経営戦略部長兼デジタル戦略グループリーダー

2016年
(株)資生堂執行役員
資生堂(中国)投資有限公司総経理

2018年
(株)資生堂執行役員中国地域CEO

2020年
(株)資生堂エグゼクティブオフィサー常務中国地域CEO

文/大徳明子

日本FEELING広告バナー長方形(記事下広告/AD)
クラヴィス(AD)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top