Lily監修 縮毛矯正特化のストレートアイロン! サロンワーク用・店販用の2種

プロダクト・技術

くせ毛・縮毛矯正の匠として知られる柳本剛さんが代表を務め、くせ毛マイスター・野坂信二さんらが所属するLily。この縮毛矯正に定評のある人気サロン監修のストレートヘアアイロンが満を持して登場する。

デザイン家電を手がける株式会社カドークオーラ(東京都港区/代表取締役社⻑:古賀宣⾏)とビューティガレージのコラボによるもので、サロンワーク用のプロフェッショナル ストレートヘアアイロン BI-G1P業務用(1色)と店販用の同 BI-G1ホームユース(2色)を、2021年3月10日より発売開始した。

Lily監修 縮毛矯正特化のストレートアイロン! サロンワーク用・店販用の2種

カドークオーラ×ビューティガレージ第1弾

カドークオーラは、デザイン家電を展開するカドーグループにおいて理美容・ヘルスケア製品を手がけている。ドライヤーの送風筒を大胆にカットしたノーズレスの「カドークオーラ ヘアドライヤー」のようなスタイリッシュで画期的なデザインが強みだ。

カドークオーラのヘアアイロンとノーズレスドライヤー
「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン」㊧と2019年度グッドデザイン賞も受賞した「カドークオーラ ヘアドライヤー」の最新モデル

ビューティガレージは2019年10月、グループのCVCファンドである株式会社BGベンチャーズを通じて株式会社カドーへ出資しており、今回がコラボ第1弾となる。

プロも感動するニュースタンダード

両社が目指したのは「New Professional Standard(プロさえも感動を覚えるヘアアイロンの新しいスタンダード)」。

Lily大野道寛さん
ショート・ボブ専門美容師として活躍する大野道寛さん(Lily)も納得の使用感

大規模なユーザー調査を行い、Lilyによる技術監修のもと試作を繰り返した結果、一般的なストレートヘアアイロンとは全く違う使用感、そして従来型商品のイメージを覆すデザイン性を備えた「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン」が誕生したという。

①施術追求 ―髪の根元を攻める

丸みをおびたプレート(プロフェッショナル ストレートヘアアイロン)
“根元攻め”への徹底したこだわりが生んだ丸みのある形状

「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン」は“もっと髪の根元を攻められる”ヘアアイロン。技術監修をした柳本剛さんが一番こだわったポイントでもある。

角を削ぎ落とし、プレートを覆う本体部を薄くしているため、根元のキワまでアイロンが入る

丸みをおびたプレート(プロフェッショナル ストレートヘアアイロン)
滑りのなめらかさとテンションのバランスを追求。髪の根元からしっかり伸ばせる

先端を覆う本体部分が短くて丸みがあるので、モミアゲや前髪などの施術にも使いやすい。根元からしっかり伸ばしながらも毛先はふわっとしたナチュラルな仕上がりを実現する。

②現場主義 ―手首や腕に負担をかけない

丸みをおびたプレート(プロフェッショナル ストレートヘアアイロン)
うねった毛も拾いやすいよう溝を設計。施術部が薄く軽量のため取り回しも良い

プレートは、熱伝導率の高さと上下のかみ合わせの良さを追求。片側のプレートにサスペンション構造を施しているため、わずかな力でもプレートがしなり、施術者の手首や腕への負荷を軽減する。均一に圧をかけられるので仕上がりが安定するのもポイントだ。

また、プレートを長めに設計しているため1回に挟める髪の量が多く、施術のスピードアップにつながる。

さらに、本体が約186gという驚きの軽さを実現。縮毛矯正は時間のかかる施術だからこそ、ヘアアイロンを極限まで軽くして使い勝手を良くするなど工夫を凝らし、施術者の身体への負担を大幅に軽減した。

③手間軽減 ―34秒で180℃、温度を記憶

立ち上がりが早い(プロフェッショナル ストレートヘアアイロン)
立ち上がりの早さはトップクラス。約100°C~約200°Cまで11段階に調節できる

「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン」は、業界最高レベルの熱応答性で、電源を入れてからわずか約34秒で180℃に到達する。

デジタル制御と温度センサーによるハイブリッド制御方式を採用。最後に設定した温度を記憶するため「温度設定が面倒くさい」という不満も解消される。

④サロンクオリティ ―美しく、それでいて頑丈

日々のサロンワークで使う以上、落下などのアクシデントは避けられない。このため、スリムでコンパクトでありながら高い堅牢性を実現。人の身長程度の高さから落下させるなどの耐圧試験をクリアしている。

また、屈曲性に優れたコードを採用することで、断線が起きにくいよう配慮した。

業務用・店販用をラインナップ

サロンワーク用の「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン BI-G1P業務用」は、コードの長さが約3.5mでクールグレーの1色展開。店販用の「同 BI-G1ホームユース」は、コード長さが約1.8mでクールグレートホワイトの2色展開。

機能とデザインが同じため、お客さまにサロンワークで効果を実感してもらった上で店販を勧めやすい。また、電圧の異なる海外でも使える仕様のため、旅行や出張先でも重宝する。

コンパクトなサイズ(プロフェッショナル ストレートヘアアイロン)
高さ239mm×幅32mm×奥行40mmのコンパクトサイズ

業務用はビューティガレージ専売。ホームユースはビューティガレージでは3月10日より先行発売。3月下旬より、百貨店や家電量販店でも順次取り扱われるが、カドークオーラ製品は価格が安定しているためサロンの店販品として安心して販売できる。

今月発売の「カドークオーラ ヘアドライヤー」の新型は「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン」と同じ色のため、併せての店販もおすすめだ。

縮毛矯正に特化したストレートアイロン

高い技術力が必要とされる縮毛矯正は、薬剤の進化が目覚ましい反面、施術に使われるストレートヘアアイロンは大きなイノベーションが起きずに来た。

あえて縮毛矯正に特化した「プロフェッショナル ストレートヘアアイロン」がどこまで支持を広げられるのか、今後の動向に注目が集まる。

この記事の商品をECサイトでCheck

「Lily」「柳本剛」の関連記事
『新・日本男児と中居』に❝カット代5万5000円の美容師❞Lily柳本剛さんが出演!
Lily柳本剛さんが完全個室型トレーニングスタジオ出店

「カドー」の関連記事
触媒オゾン方式でニオイを分解! ミニマルデザインの除菌脱臭機cado「SAP」

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top