おトクに店舗経営を効率化!「サロン プロフェッショナル カード」活用事例インタビュー

特集・インタビュー

美容室の経営は、集客、仕入れ、資金繰り、事務、経理とマルチタスク。そのうえ、オーナー自身が一番顧客を多く抱えるプレイングマネージャーであることもめずらしくありません。

キャッシュフローを安定させたい、経費を節減したい、事務作業を極力減らしてサロンワークに集中したい・・・そんな悩みを解決する手段のひとつが、ビジネスカードの活用です。

10周年を機にリニューアルオープンした「BONDZSALON」の鈴木太一さん、アイラッシュ併設サロン「LAVIAGE」の服部翔太さん、1席だけの完全予約制女性専用サロン「salon nico」の財田由美さん。3名のサロンオーナーに、ビジネスカードを選んだ理由や実際に使ってみて感じたことを聞きました。

おトクに店舗経営を効率化!「サロン プロフェッショナル カード」活用事例インタビュー

出費がかさむ時期でもキャッシュフローが安定

「BONDZSALON」共同代表の1人、鈴木太一さん

── 2021年6月に東麻布でリニューアルオープンしたばかりですよね。

僕自身が表参道で起業後、約10年麻布でサロンを経営していたパートナーと組むことになり、そこに僕が合流してリニューアルオープンという形になりました。

スタイリストが現在6名いますが、従業員ではなく、それぞれ独立したスタイリストのシェアサロンのようなスタイルでやっています。なので、スタイリストごとの特徴や個性を最大限に発揮してもらっています。

メニューで特徴的な点は「毛根改善」のメニューを取り揃えていること。抜け毛や育毛の悩みを抱える方に向けて、サロンでのヘアケアに加えて、AGA治療のドクターから医学的なアドバイスを受けられるメニューです。

 

── 鈴木さんは年会費無料の「Salon Professional Card(サロン プロフェッショナル カード)」を利用されていますよね。いつ頃からですか?

2020年の10月に起業して、すぐのタイミングでしたね。ちょうど、ビジネスカードを作ろうと思っていたので、ビューティガレージのオンラインサイトでカードのことを知って、迷わず申し込みました。

── 昨年9月にカードが誕生したので、その直後のタイミングだったんですね。「サロン プロフェッショナル カード」を選んだ理由はなんだったのですか?

やっぱり、日常的に商材購入で使っているビューティガレージで使えるBGポイントが貯まるのが大きいですね。

それに、起業直後は出費がかさむので資金が必要になります。クレジットカードがあれば支払いが翌月になるので、キャッシュフローが安定しますよね。タイミング良く起業直後にカードを利用できたので、その点ではすごく助かりました。

お金の流れを“見える化”してスタッフに自由な裁量

── 支払いの猶予ができるのは、ビジネスカードのメリットですよね。現在はどのようにカードを使っていますか?

会社の経費支払いは基本的に「サロン プロフェッショナル カード」にまとめています。消耗品やカラー剤などの商材、お客様へのサービスに必要なもの、スタッフ同士の懇親会など、すべてこのカードで支払っています。

クレジットカードだと明細がしっかりと残るので、いつどんなモノを購入したかがわかるのがいいですよね。

うちの会社は、意志決定の権限をすべてのスタッフが持っている「ティール組織」にしているんです。経費で何を購入するかも各自の判断で決定し、決済する際にひと声かけてもらっています。

より使いやすく、管理をスムーズにするために、今後は従業員カードの利用を検討してみたいですね。

── スタッフが必要なものは何でも購入できるスタイルなんですね。明細がしっかり残ると後で確認がしやく、利便性が高まりますね。

そうですね。カードの引き落としは、店舗で使う商材などにあてている「販売費」という名目で管理している口座に設定しています。この口座の残高はスタッフみんなが見られるように共有していて、口座にお金が残った場合は定期的にスタッフに還元しています。

スタッフに自由な経費使用の裁量を与えていますが、こうした仕組みから、各自が本当に必要なものだけを購入してくれるので、無駄遣いは発生しません

「サロン プロフェッショナル カード」をうまく使うことで、経費の管理を一元化できて手間を削減できるとともに、お金の流れを見える化できるので、スタッフ間の信頼にもつながっています。

貯まったBGポイントも仕入れに使うことが明確なので、その点でも不信感が生まれませんね。

経費処理のわずらわしさが減ってスタイリストがストレスなく働けることで、結果としてお客様もハッピーになっていただけるのでは思います。

 

── スタッフに見える化されている経費精算の方法は非常に画期的ですね。本日はありがとうございました。

BONDZSALON

10周年を迎え、2021年6月に東麻布でリニューアルオープン。スタイリストそれぞれが特技や個性を活かし、髪質改善をする「シルキートリートメント」のほか、薄毛に悩む方向けにスタイリストと医師がサポートする「毛根改善メニュー」などの独自のメニューが充実。セット面7席(うち個室1)にネイル用の席も備える。

 

次のページ/審査の早さに魅力を感じた

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top