おトクに店舗経営を効率化!「サロン プロフェッショナル カード」活用事例インタビュー

特集・インタビュー

審査の早さに魅力を感じた

「LAVIAGE」オーナーの服部翔太さん

── 2020年11月に新しくオープンされました。サロンのコンセプトと特徴を教えてください。

当店はアイラッシュを併設しているサロンです。お客様層は20〜30代の女性のお客様が多く、仕事をしている方、子育て中の方でも、忙しい合間にヘアとまつげを同時にケアできるのが喜ばれていると感じています。

内装は、お客様にリラックスしてもらえるように、ナチュラルインダストリアルをテーマにした都会的な雰囲気を意識しています。

 

── 「サロン プロフェッショナル カード」を知ったのはいつ頃でしたか?

11月にオープンして少したった頃ですね。2021年の1月頃だったと思います。ビューティガレージのオンラインショップで商材を発注するときに、サイトで情報を見つけて、すぐに申し込みました。他のカードとの比較は特にしなかったですね。

── さまざまなビジネスカードがある中で、「サロン プロフェッショナル カード」を選んだ理由を教えてください。

当店はヘアサロンに加えてアイラッシュもあるので発注が細かいこともあって、ビューティガレージで頻繁に商材を購入しているんです。「サロン プロフェッショナル カード」はどんな買い物に対しても、ビューティガレージで使えるBGポイントがつくのでお得だなと思いました。

加えて、大きな理由としては審査が通りやすく、発行期間が短いことがありました。開業したばかりだったので、審査に時間がかかる銀行系のクレジットカードよりは、すぐに発行してもらえるクレジットカードのほうがいいなと。サロン専用ということで審査も通りやすいだろうと感じました。

実際、Webで申し込んでから1週間以内でカードが発行されたので、すごく助かりましたね。

経費清算の手間を省いて本業にフォーカス

── 開業したときはまだビジネスカードを持っていなかったとのことですが、開業準備のときの支払いはどのようにしていたのですか?

ビジネスカードを作りたいと思っていたのですが、開業準備でバタバタしていたこともあり、個人のクレジットカードを使っていました。限度額にあわせて何枚かのカードを使い分けていたので、面倒でしたね。

「サロン プロフェッショナル カード」は限度額が最大200万円まであるので、開業時に持っていたら便利だったと思います。

── 現在はどのようにカードを活用していますか?

ビューティガレージのオンラインショップでの商材購入をはじめ、オンラインで商材や消耗品を購入するときは、すべてこのカードで清算しています。経費として購入するものを1枚のカードにまとめることで、管理がしやすくなりますよね。

会計ソフトの「freee」を使っているので、すぐに明細を取り込めるのもメリットの1つだと思います。経費清算の手間を省けるぶん、本業に時間をあてることができて助かっています。

 

── 従業員カードを利用する予定はありますか?

現在は僕名義の1枚のみで、特に不便さは感じていないのですが、店舗ごとに1枚クレジットカードがあったほうが便利だと思うので、将来的に店舗を増やしたときは従業員カードを検討するかもしれません。

 

── 開業直後という時期、審査がスピーディーなビジネスカードがあると便利ですよね。本日はありがとうございました。

LAVIAGE hair&eyelash

2020年11月、埼玉・越谷にオープン。店名の『LAVIAGE(ラビアージュ)』は、「LADY(女性)」+「VI(美)」+「AGE(年齢、場所)」の3ワードを掛け合わせた言葉で、「女性がいつまでも綺麗になれる場所」という思いを込めている。セット面8席に加え併設するアイラッシュに3席を設け、髪と同時にまつげもケアできる。

 

次のページ/美容業界専用のカードなら安心できると思った

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top