美容室にエコマーク! 認定基準案への意見募集

経営・業界動向

環境にやさしい商品を選ぶ基準となる「エコマーク」。2022年9月1日より、美容室も対象となる予定だ。

公益財団法人日本環境協会ではすでに認定基準案を策定。7月30日まで、これに対する意見(パブリックコメント)を募集している。

美容室にエコマーク! 認定基準案への意見募集

「美容室のエコマーク」認定基準案のポイント

美容室のエコマーク(商品類型No.512)は、以下の4点を主なポイントとして認定する考えだ。

1)ヘアカラー剤、シャンプーなどの提供サービスに関わる環境配慮

2)プラスチック容器包装などの廃棄物のリデュース、リユース、リサイクル

3)店舗の省エネ・節水

4)ステークホルダーとのコミュニケーション など

評価カテゴリー選択項目
(最大ポイント)
提供サービスに関わる環境配慮14p
廃棄物のリデュース、リユース、リサイクル ◎11p
店舗の省エネと節水 ◎14p
環境負荷を低減する店舗運営 ◎12p
ステークホルダーとのコミュニ
ケーション ◎
10p
合計61p
◎は必須項目。認定要件は必須4項目の適合と選択項目16p以上。最大ポイントはそれぞれ「その他」の3pを含む

審査料は4万円、使用料は3万円

エコマーク商品(サロン)として認定されるかどうかの審査料および使用料は、小売店舗(No.501)や飲食店(No.505)と同額で想定している。

審査料が4万円(税別)。エコマークの使用料については、1施設で年間3万円(税別)、施設数が増えるほど以下の表のように割安となる。

美容室の施設数使用料(円/税別)
130,000
2~950,000
10~100100,000
101~500200,000
501~2,000500,000
2,0001,000,000

美容室にエコマークを設ける背景

なぜ、いま「美容室のエコマーク」を設けるのか。日本環境協会では、以下を理由としてあげている。

・美容室は全国で約24万の施設が存在する、消費者に身近なサービス業

・使用されるヘアケア関連の多種多様なヘアカラー剤、シャンプーなどは、そのプラスチック製容器などの使用削減や廃棄、リサイクルの課題がある

・「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が2022年4月から施行されたことを契機に、今後、業界全体で取り組みを進めてくことが期待されている

・利用する消費者にとっても、提供を受けるサービスで使用されるヘアカラー剤やシャンプーなどが、どのような成分で構成されているかは気になる点であり、一部の美容室では、オーガニックなど地球環境や人の健康にも配慮した商品を使用することを推進している

・持続可能な開発目標(SDGs)に関連した取り組みとして、ヘアドネーションの活動に賛同・協力する美容室もあり、環境配慮にとどまらず、社会的な側面への取り組みも期待される

日本環境協会では「このような背景を踏まえ、事業者の環境配慮への取り組みを喚起するとともに、サービス利用などを通じた消費者への認知拡大を図り、社会全体の環境負荷低減に資することを目的として、美容室の認定基準を新たに策定する」としている。

「美容室のエコマーク」の図案
サロン内に掲出する「美容室のエコマーク」の表示例

意見募集は7月30日締切、無料セミナーは28日

美容室のエコマークとして、協会で想定している認定基準や利用料は妥当なのか、過不足はないのか。消費者および事業者から幅広く意見を聞くため、日本環境協会は7月1日付で認定基準案を公開し、30日までの期間、パブリックコメントを募集している。

現場に立つ美容師、当事者である美容室からの声を届けるのは今だ。パブリックコメントはメール、FAX、郵送で受け付けている。

メールの件名には「認定基準案についての意見」または「パブリックコメント」という語を入れる、メール本文に電話番号を記載するなどの要件があるため、日本環境協会公式サイトの「認定基準の意見募集」ページを確認するとよい。

なお、7月28日(木)には、認定基準案に関連したオンライン無料セミナーも行われる。事前申込制で先着500名まで。

→ 意見送付先:エコマーク事務局 のEメール(info@ecomark.jp)、FAX(03-5829-6281)または郵送 ※7月30日(土)17時締切 

エコマーク・オンラインセミナー(申込サイト)

「エコマーク」とは

最後に改めて述べると、「エコマーク」とは、国際標準化機構の規格ISO14024「タイプ1環境ラベル制度」に基づく認定制度。1989年に創設された公益財団法人日本環境協会が運営している。

環境への負荷が少ないなど、環境保全に役立つと認められる商品やサービスにつけられ、消費者が暮らしと環境の関係を考え、環境保全の面でより良い商品を選びやすくすることを目的としている。

「美容室のエコマーク」パブリックコメント募集の概要

▽パブリックコメント受付期間=2022年7月1日(金)~30日(土)

▽エコマーク事務局ホームページ=https://www.ecomark.jp/

▽日本環境協会「認定基準案と意見募集」ページ=https://www.ecomark.jp/nintei/public/

▽意見送付先=エコマーク事務局 のEメール(info@ecomark.jp)、FAX(03-5829-6281)または郵送 ※7月30日(土)17時締切 

▽無料オンラインセミナー=https://www.ecomark.jp/info/event/20220728seminar.html

文/大徳明子

「SDGs」の記事をもっと読む

QBハウスのSDGs活動(くしをリユース)
QBハウス、「省資源 理美容」でSDGs訴求 クシ再利用スタート

b-exグリーンプロジェクト発足発表会
b-ex、サロン発ゼロカーボン目指す「グリーンプロジェクト」発足

ビューティガレージカラー剤容器回収プロジェクト
カラー剤から始めるサロンのサステナビリティ ビューティガレージが空き容器回収プロジェクト

田谷初のSDGsアンバサダー トランスジェンダーのサリー楓さん
TAYA初の「SDGsアンバサダー」 トランスジェンダーのサリー楓さん起用

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top