ヒト幹細胞コスメのフラコラ「エイジングケア3.0」 新たに育毛剤と原液美容液

プロダクト・技術

ヒト幹細胞コスメの「fracora(フラコラ)」は、新たなブランドステートメント「エイジングケア3.0」を制定した。

またこの夏、主力の「HITOKAN」シリーズに、スカルプトニックと原液美容液が加わる。

ヒト幹細胞コスメのフラコラ「エイジングケア3.0」 新たに育毛剤と原液美容液

「老化という病気からの解放」

フラコラは、1960年(昭和35年)創業の株式会社協和によるエイジングケアブランド。

2004年に発売スタートし、先端成分「ヒト幹細胞培養エキス」を配合した「HITOKAN」シリーズは人気を博している。そのほかコラーゲンドリンクやプラセンタサプリなどのインナーケアから、美容液やヘアケア、ボディケアまで幅広いラインナップをそろえる。

2022年7月26日、新商品・新ブランドメッセージ発表会をリアルとオンラインのハイブリットで開催。堀内泰司代表取締役は、「お客さまに感動する顧客体験を味わっていただきたい」と今回のブランドステートメント制定にあたっての思いを語った。

新しいブランドステートメント「エイジングケア3.0」は以下のとおり。

エイジングケア3.0

老化は病気であり、治すことができる。

この考え方に、世界中の生命科学の研究者から注目が集まっています。

「老化はしかたない」から「老化を遅らせる」へと時代とともに変化してきたエイジングケアは、いま「年齢を巻き戻す」というまったく新しいフェーズに入りました。

フラコラは最先端の生命科学の英知を集結し、37兆個の細胞の一つひとつを再活性させることで、健やかさと美しさを取り戻すメソッドにたどり着きました。

そして、最新のテクノロジーによるAIを駆使してお客さま一人ひとりのニーズを把握し、パーソナライズされたソリューションをお届けしていきます。

老化という病気から解放され、自分史上最高のあなた自身を取り戻す。

それが、フラコラが提唱する「エイジングケア3.0」です。

美しさは、細胞から生まれる。

フラコラは生命科学の力で、誰よりも先に、その一歩を踏み出します。

フラコラ 新ブランドステートメント
「エイジングケア3.0」のイメージ

東大と「ヒト幹細胞」共同研究

フラコラは、2020年から「ヒト幹細胞」について、東京大学と共同研究に取り組んでいる。美肌効果へ未知の可能性を秘めているヒト幹細胞。そのメカニズムの解明と、より高機能な製品開発を進めている。

今回「HITOKAN」シリーズに、新たに育毛剤と原液美容液が加わる。

美容成分たっぷりのトニックで頭皮ケア

フラコラ「HITOKAN BIHATSUIKU スカルプトニック」
エアゾールで気になる部分を狙い撃ちできる「HITOKAN BIHATSUIKU スカルプトニック」

「HITOKAN BIHATSUIKU スカルプトニック」は、大人女性の髪と頭皮の悩みにアプローチする育毛剤。髪専用原液美容液や、育毛サプリなどを展開するフラコラのヘアケアシリーズに新たなラインナップが加わった。

「ヒト幹細胞培養エキス」「エクソソーム」「HGH」といった3つの先端美容成分を配合。さらに、卵黄ペプチド、和漢成分など美容成分をたっぷり含み、頭皮から髪を健やかに保つ。

内容量は60gで、価格は5,556円(税込)。2022年8月30日より、通信販売にて発売する。

より深く、高濃度に進化した原液美容液

フラコラ「ヒト幹細胞エクソソーム原液 DR 」
白濁した濃密原液が肌になじむ「ヒト幹細胞エクソソーム原液DR」

原液美容液「ヒト幹細胞エクソソーム原液DR」のDRは、Deep Rich。2021年4月に発売した「ヒト幹細胞エクソソーム原液」がパワーアップし、「年齢悩みを1本でパワフル&スピーディにケアしたい」人におすすめとなっている。

従来品は抽出する際の基材に水を使用していたが、新技術によりエクソソーム水とコラーゲン水を採用。美肌を育む働きをサポートする「エクソソーム」の量を、飛躍的に向上させることに成功し、濃度を従来品の約50倍にまで高めた。

内容量は30mLで、朝晩の使用で約30日分。価格は1万円(税込)。2022年7月25日から、通信販売がスタートしている。

文/杉野碧

AD(エレガンジェット)
宮永えいと×ビューティガレージ(512×512)
AD(ビューティガレージ)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top