13.【肩関節の問題対策/ストレッチ後編】生涯理美容師の身体づくり!バズーカ岡田の最強ストレッチ&エクササイズ

特集・インタビュー

大胸筋が歩いてる! バズーカ岡田です! 

日本オリンピック委員会の科学サポート部門員、日本体育大学の教授を務めています。男子柔道強化総務コーチ兼体力強化部門長も務めていました!

理美容師さんが立ち仕事のサロンワークをずっと続けられることを目指す、連載『バズーカ岡田の最強ストレッチ&エクササイズ』。

第13回は、「肩関節の問題」をやわらげるためのストレッチの後編です。私と一緒にやっていきましょう!

13.【肩関節の問題対策/ストレッチ後編】生涯理美容師の身体づくり!バズーカ岡田の最強ストレッチ&エクササイズ

今日のポイント

肩関節の問題対策については、

①ストレッチ(前編後編

②予防エクササイズ(前編後編

の全4回。今日は「ストレッチ後編」です。

今回は肩関節の問題をやわらげるためのストレッチです。

肩関節と大きなかかわりのある「棘下筋(きょくかきん)・小円筋(しょうえんきん)」「菱形筋(りょうけいきん)」のストレッチをご紹介します!

5分ほどでできる手軽なストレッチなので、サロンワークを始める前や合間の時間にやってみてください!

棘下筋・小円筋

棘下筋・小円筋とは

前回もお伝えしましたが、肩関節は、いわゆる肩の部分だけでなく、鎖骨(さこつ)や肩甲骨(けんこうこつ)、上腕骨(じょうわんこつ)などで構成されています。

それぞれについている筋肉をストレッチすることで、肩関節が動きやすくなります。

肩と腕をつなぐインナーマッスル

棘下筋・小円筋は、肩のインナーマッスルです。

ちなみにインナーマッスルと言われていますが、表層から触ることも可能な筋肉です。

回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)という、肩甲骨と上腕骨(肩から肘までの骨)を安定してつないでくれる4つの筋肉のうちの2つになります。他には、棘上筋(きょくじょうきん)と肩甲下筋(けんこうかきん)があります。

棘下筋・小円筋は、肩を外旋(がいせん/外に開く動き)させる役割がありますが、小さな筋肉なので、弱くなったり、固くなりやすいと言われています。

ここをしっかりほぐしてやることで、肩を動かしやすくなります。

棘下筋・小円筋「肘と肩を壁につけて腕を水平にする→下に押していく」

1)肘と肩を壁につけて腕を水平にする

棘下筋・小円筋/バズーカ岡田の最強エクササイズ
胸を張って良い姿勢で行いましょう!

肘と肩を壁につけて腕を水平にします。

反対側の手を、壁についているほうの手の上に重ねます。

2)下に押していく

棘下筋・小円筋/バズーカ岡田の最強エクササイズ
肩をしっかり壁につけて上がらないようにしてください!

肘をつけたまま、手を押して下げていきます。

このとき、脇の下あたりの筋肉が伸びていくのを感じてください。

腕を内旋(ないせん/内側にねじる動き)させることによって、外旋させる棘下筋・小円筋が伸びていくわけです。

棘下筋・小円筋

■ アクション
1)肘と肩を壁につけて腕を水平にする
2)下に押していく

■ 回数
左右10秒ずつ×2セット

次のページ/②菱形筋

ウィズメタックフーズデリシャスプロテインバナー広告
AD(デリシャスプロテイン)

関連キーワード

注目キーワード

新着記事一覧   トップページ  
Top